【25選】セレクトショップ一挙紹介!オススメからセレクトショップとは?まで解説!

今回は大手セレクトショップを一挙に25ブランドぐらい、一気に紹介したいと思います。

紹介するブランドはこんな感じです。

・ユナイテッドアローズ系
・ビームス系列
・シップス系列
・ステュディオス
・フリークスストア etc.

あまりにも数が多いため、今回はテンポよく特徴を紹介していきたいと思います。

メンズのセレクトショップは有名どころだけでもかなりの数があるため、どこを選べばいいかわからない人も多いと思います。

それぞれのセレクトショップの特徴をざっと紹介していくので、ご自身に合ったセレクトショップを見つけていただければと思います。

セレクトショップって何?

それではまず、「セレクトショップってそもそも何なの?」というところから紹介していきます。

セレクトショップとはその名の通り、ブランドの商品をセレクトして販売しているショップのことです。
各セレクトショップにバイヤーさんが存在していて、シーズンごとにブランドの展示会を見てまわり、商品をセレクトして自社で販売しているわけです。

例えばブランドに定価1万円の商品があるとします。そうするとセレクトショップはだいたいその商品を6000円ぐらいで仕入れてきて、1万円で販売する、というわけです。

つまり、商品を作っているブランドがあって、商品を仕入れて販売するセレクトショップがあって、そしてその商品を購入する消費者がいる。つまりこの3つの登場人物がいるわけです。

ブランドの商品を、セレクトして販売しているセレクトショップですが、実は自社で開発しているオリジナルアイテムも販売しています。
つまりブランドの商品をセレクトしているだけではなく、自社で開発している通称「セレオリ」とも言われる、セレクトショップオリジナル商品というものも存在しているのです。このあたりがちょっと紛らわしいポイントです。

セレクトショップまとめて紹介!

ユナイテッドアローズ系列

そんなセレクトショップについて、早速どんどん紹介していきます。

まずはユナイテッドアローズ系列からいきます。
セレクトショップといえば、ユナイテッドアローズを思い浮かべる人も多いでしょう。セレクトショップ御三家の中の一角ですが、その中でも現在は一番の人気と知名度だと思います。

このユナイテッドアローズですが、ユナイテッドアローズという名前の会社の中にブランドがたくさんあるので、その中からざっと主なブランド紹介していきます。

https://logomarket.jp/labo/logomark_united_arrows/

まず1つ目は会社の名前そのままユナイテッドアローズ。
ドレスライクでいつも商品が多く、セレクトショップの中では価格帯がかなり高めです。

「豊かさ」や「上質感」をキーワードにしているセレクトショップで、ドレスライクなテイストだけあって、スーツコーナーにも力を入れているセレクトショップです。

https://store.united-arrows.co.jp/shop/by/default.html

次にビューティアンドユース。
ユナイテッドアローズのセレクトショップといえば、ビューティアンドユースを思い浮かべる人も多いでしょう。先ほど紹介したユナイテッドアローズと比べるとかなり安めではありますが、次に紹介するグリーンレーベルリラクシングと比べるとかなり高いな、という価格帯になります。

商品はシンプルなものが多く、万人受けする格好をしたい人に好かれている印象です。

https://store.united-arrows.co.jp/shop/glr/default.html

次は「グリーンレーベルリラクシング」。

ユナイテッドアローズ系列の中でも、ユナイテッドアローズとビューティアンドユース、そしてこのグリーンレーベルリラクシングの3つが有名です。

グリーンレーベルリラクシングは、セレクトショップ全体の中で見ても価格帯がかなり安めで、ふだんファストファッションでしか買わない人でも、値札を見てびっくりするなんてことにはならないでしょう。

グリーンレーベルリラクシングは、メンズだけではなくレディスに加えてキッズもあって、ファミリー向のセレクトショップです。

https://store.united-arrows.co.jp/shop/all/sale_contents/2017ss_vol3/

次はスティーブンアラン。
スティーブンアランはニューヨーク発のセレクトショップです。
アメカジをベースに、上品な雰囲気のアイテムを取り揃えているセレクトショップです。

https://store.united-arrows.co.jp/shop/mt/storelocator/

次はモンキータイム。

ちょっとわかりづらいのですが、ユナイテッドアローズと言うよりもビューティアンドユースのオリジナルレーベルのひとつです。
モンキータイムのラックがあって、モンキータイムの洋服が置いてありますし、単独のショップもあります。

テイストは、ユナイテッドアローズ系列の中では珍しくストリート寄りのテイストです。

https://www.wwdjapan.com/articles/193512

次はアンルート。
アンルートは、1年前か2年前ぐらいに店舗がなくなってしまったのですが、ブランドは継続しています。
アンルートは機能素材を使ったドレスライクなものが多く、オリジナル商品で言うとセットアップなどがおすすめです。

ちなみに次に紹介するディストリクトというセレクトショップで、アンルートの商品を見ることができます。

http://www.district.jp

ということで次はディストリクト。
ディストリクトはユナイテッドアローズ系列の中でもハイエンドと言えるセレクトショップで、国内海外を問わずハイブランドを中心にセレクトしています。

ディストリクトはちょっと敷居が高く感じられるかもしれませんが、全然そんなことはなく、気軽に入られるお店なので、是非寄ってみてください。

店舗は原宿と表参道のだいたい間ぐらいの、キャットストリートにあります。

https://www.fashionsnap.com/article/2016-03-28/h-by-aoyama/

次はエイチビューティアンドユース。
こちらも先ほどのディストリクトと同じで、ユナイテッドアローズ系列の中ではハイエンドにあたります。

地下1階から地上2階までの3階建ての店舗になっていて、地下は古着、1階は新品をメンズレディスを問わず取り扱っています。
また、代官山の人気ピザ屋である「ピザスライス」も併設されています。

こんな感じで、ユナイテッドアローズ系列だけでかなり紹介してきました。

他にも、ユナイテッドアローズアンドサンズやドゥロワー、オデットエオディール、ロクなど、まだまだ色々あります。

ビームス系列

次はセレクトショップ御三家のもう1つであるビームスを紹介したいと思います。

https://www.beams.co.jp

ビームスはライフスタイルを軸とした提案で、ファッションだけでなく、生活全体をおしゃれにするのがコンセプトのセレクトショップです。なので、アパレルだけではなく、生活雑貨なども取り扱っています。古着やアメカジ感のあるテイストの商品が多めです。

https://www.realclothes.jp/apparel/edifice.html

次はインターナショナルギャラリービームスを紹介します。
インターナショナルギャラリーはその名の通り、インターナショナルな感覚でトレンドを取りそろえたセレクトショップです。

ビームスの中でも高価格帯のブランドを取りそろえたハイエンドなセレクトショップで、ユナイテッドアローズ系列で言うところのディストリクトにあたります。

シップス系列

https://kaeru.parco.jp/brand/brand_list/

次に紹介するのはシップス。

シップスもセレクトショップ御三家の1つです。ユナイテッドアローズやビームスに比べると、トラッドで大人っぽい印象の商品が多めです。

セレクトショップ御三家の中では、最近名前を聞くことが減ってきたかなという印象です。

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000013.000021158.html

次にシップスジェットブルーを紹介します。
シップスのカジュアルラインで、より安めの価格帯の商品が多めです。ユナイテッドアローズ系列で言うところのグリーンレーベルリラクシングに近いです。

ナノ・ユニバース

https://fashionmarketingjournal.com/2017/03/nanouniverse-saeko.html

次にナノ・ユニバースです。
今まで紹介してきたセレクトショップと比べると、若干ですが若者感がある雰囲気のセレクトショップです。
ナノ・ユニバースは4~5年前に急激に業績を伸ばしていたセレクトショップで、アメカジテイストの細身のものが多いです。

アーバンリサーチ

http://www.urban-research.com

次はアーバンリサーチ。

先ほど紹介したナノ・ユニバースは4~5年前に業績を伸ばしてきましたが、その後に有名になってきたのがアーバンリサーチです。

アーバンリサーチは、セレクトショップの中では珍しく、センスオブプレイスというファストファッションブランドを展開している会社です。

https://gardenplace.jp/shop/detail.php?id=158

次にアーバンリサーチドアーズを紹介します。
ドアーズはアーバンリサーチに比べると低価格帯で、アパレルだけではなくライフスタイルを提案するショップです。

例えば洋服以外にも、雑貨や食器などをセレクトしています。

TOKYO BASE系列

https://deco-jp.com/post29-studious/

次はステュディオス。

ステュディオスは日本のブランドを取り扱っており、「from JAPAN to the WORLD」というメッセージを掲げていて、「日本発のブランドを世界に発信する」という提案をしているセレクトショップです。

ステュディオスはTOKYO BASEという会社が運営しているセレクトショップです。その他にもユナイテッドトウキョウというメイドインジャパンにこだわったブランドも運営しています。

https://ikebukuro.parco.jp/shop/detail/?cd=010674

ユナイテッドトウキョウはセレクトショップではなく、あくまでブランドなので自社で製造した商品だけを販売しています。

そしてTOKYO BASEはユナイテッドトウキョウだけでなく、パブリックトウキョウというブランドも運営しています。

ユナイテッドトウキョウが割とモードテイストでコレクションブランドですが、パブリックトウキョウはどちらかと言うとベーシックに寄せたブランドです。なので、若干価格帯が上がったユニクロのようなイメージです。

アダムエロぺ

https://hiroshima.parco.jp/shop/detail/?cd=001058

次はアダムエロぺ。

アダムエロペは、フレンチカジュアルなテイストのセレクトショップ。このテイストのセレクトショップは意外と少ないので、貴重な存在です。

フレンチカジュアルとは、文字通りフランス人の日常的な服装を指しています。例えばシャツとニットを合わせるような優等生的なスタイルが多めです。

フレンチカジュアルの代表的なブランドと言うと「アニエスベー」を思い浮かべる人が多いと思いますが、アダムエロペではアニエスベーも取り扱っています。

ベイクルーズ系列

https://www.boo-bee.jp/buy/edifice.html

次にエディフィスを紹介します。

エディフィスはベイクルーズグループが運営しているセレクトショップで、次に紹介する ジャーナルスタンダードもベイルーズグループが運営しています。

先ほどのアダムエロペと同様にフレンチテイストですが、こちらはより保守的です。いわゆる「フレンチトラッド」がコンセプトのセレクトショップです。

https://www.ida-mode.com/brand/417edifice.html

次にフォーワンセブンエディフィスを紹介します。

こちらはエディフィスと比べると若干価格帯が安めの、トレンドを意識した若者向けのセレクトショップです。

https://www.flagsweb.jp/shop/shop025

続いてジャーナルスタンダード。

ジャーナルスタンダードも、先ほど紹介したエディフィスと同じベイクルーズグループが運営するセレクトショップです。

ジャーナルスタンダードはアメカジテイストのセレクトショップ。ミリタリーやデニムなどがメインのショップです

店内の雰囲気も雑多な感じで、アメリカっぽい雰囲気になっています。

トゥモローランド系列

https://tomorrowland.jp

次はトゥモローランド。
トゥモローランドは価格帯が結構高めで、ハイブランドを多く取り扱っているセレクトショップです。

トゥモローランドはスーツのアイテムも多く、ドレスライクなアイテムが多めになっています。

https://www.tomorrowland.co.jp/ourbrands/

次にエディション。
トゥモローランドはトゥモローランドだけではなく、エディションというセレクトショップも運営しています。

エディションはマルジェラなどのヨーロッパのデザイナーズブランドを中心に取り扱っているハイエンドのセレクトショップです。

エディションは表参道ヒルズにも店舗があるのですが、そこは個人的にかなり好きでよく行くセレクトショップです。

フリークスストア

https://www.freaksstore.com/category/2_FREAKS_STORE/?condition=SEX:MENS

次にフリークスストア。

フリークスストアは、アウトドアやアメカジテイストのセレクトショップです。
例えば秋冬で言えば、ダウンジャケットの取り扱いがとても多く、カナダグースや水沢ダウンといった高価格帯のダウンジャケットを幅広く取り扱っています。
ちなみにこのフリークスストアは千葉県にある柏店が最初の店舗です。僕は千葉県出身なので、柏店のフリークスストアにもよく行っていました。

セレクトショップは他にもまだまだあります!

今回大手のセレクトショップをたくさん紹介してきましたが、大手でなくても個性派のセレクトショップはまだまだたくさんあります。
また機会があれば紹介したいと思います。

お読みいただありがとうございました。

バイバイッ‼

ユーチューブはこちら

ツイッターはこちら

インスタはこちら

ラインはこちら

今回紹介したセレクトショップはこちら!

ユナイテッドアローズ(UNITED ARROWS)

https://store.united-arrows.co.jp/

ビューティアンドユース ユナイテッドアローズ(BEAUTY&YOUTH)

https://store.united-arrows.co.jp/shop/by/

グリーンレーベルリラクシング ユナイテッドアローズ(green label relaxing)

https://store.united-arrows.co.jp/shop/glr/

スティーブンアラン(STEVEN ALAN

https://store.united-arrows.co.jp/shop/sa/

モンキータイム(monkey time)

https://store.united-arrows.co.jp/shop/mt/

アンルート(EN ROUTE)

https://store.united-arrows.co.jp/shop/ua/

エイチビューティアンドユース(H BEAUTY&YOUTH)

https://store.united-arrows.co.jp/shop/hby/

ディストリクト(District UNITED ARROWS)

http://www.district.jp/

ビームス(BEAMS)

https://www.beams.co.jp/

インターナショナルギャラリー ビームス(International Gallery BEAMS)

https://www.beams.co.jp/international_gallery_beams/

シップス(SHIPS)

https://www.shipsltd.co.jp/

シップスジェットブルー(SHIPS JET BLUE)

https://www.shipsltd.co.jp/label/shipsjetblue/

ナノ・ユニバース(nano・universe)

https://store.nanouniverse.jp/jp/

アーバンリサーチ(URBAN RESEARCH)

https://www.urban-research.jp/

アーバンリサーチドアーズ(URBAN RESEARCH DOORS)

https://www.urban-research.jp/shop/doors/

ステュディオス(STUDIOUS)

https://studious.co.jp/shop/

パブリックトウキョウ(PUBLIC TOKYO)

https://public-tokyo.com/shop/

パブリックトウキョウ(PABRIC TOKYO)

https://fabric-tokyo.com/

アダムエロぺ(ADAM ET ROPE’)

https://www.adametrope.com/

エディフィス(EDIFICE)

http://edifice.baycrews.co.jp/

フォーワンセブンエディフィス(417 EDIFICE)

http://four-one-seven.jp/

ジャーナルスタンダード(JOURNAL STANDARD)

http://journal-standard.jp/

トゥモローランド(TOMORROWLAND)

https://store.tomorrowland.co.jp/

エディション(Edition)

https://www.edition-jp.com/

フリークスストア(FREAK’S STORE)

https://www.freaksstore.com/

この記事を監修した人

プロフィール

株式会社RePLAY代表取締役。ブランドやセレクトショップ、古着、ウェブメディアなどアパレルに関する多彩な事業を運営。YouTube「まとめチャンネル」やブログ、Twitterでは、おしゃれ初心者にもわかりやすいファッション情報を配信中!