目指せ平均点!「服を買いに行く服がない」から始めるオシャレ生活vol.1

「服を買いに行く服がない」なんてネタがありますが、実際のところネタじゃなくて本気でそう思っている人も多いはず。

今回はそんな人に向けた超入門記事です。マジで「服を買いに行く服がない」状態から一歩一歩進んで人並みのオシャレを手に入れましょう。

目標到達地点は平均点のオシャレです。

奇抜でもなく、ダサくもない、自信を持って人前に出れるファッションを身につけましょう。

全然難しくありませんしお金もかかりません。ユニクロやGUで充分です。

どこで何を買ってどう着れば良いかまで解説するので最後までお読み頂けると嬉しいです。

ちなみに初期状態はこのような設定です。

こんなのとか。

こんなのとか。

こんなのとか。

事務所にあった洋服を無作為に合わせてみました。

これを元に変えていきましょう。

アウターは買ってはいけない!まずは細身のボトムスを手に入れよう!

オシャレを頑張ろう!と意気込むと手に取りやすいのがアウターです。アウターとはコートやジャケットなどの上着のことですね。コーディネートの印象の大半はアウターで決まってくるので、アウターを買いたくなるのは当たり前。

ですが、その気持ちをグッと堪えてまずはボトムスを手に入れましょう。

ボトムスとはジーンズ(デニム)やスラックスなどのズボンのことです。パンツとも表現されることが多いです(下着じゃないよ!!)。ここから先はパンツと呼んでいきますね。

何を隠そうコーディネートの肝となるのは実はパンツなんです。何故かと言うとパンツをしっかりとすればトップスやアウターはある程度何を持ってきても大きくしくじることはないからです。

どんなパンツを買えば良いかと言うとズバリ「細身」のパンツを手に入れましょう。

何故なら細身のパンツだと足が長く見え、コーディネートのバランスも取りやすいからです。スタイルを良く見せることが出来るシルエットとして「I,Y,Aライン」という3つのシルエットがあります。

 Iラインシルエット…上半身も下半身もボリュームが小さいシルエット
Yラインシルエット…上半身のボリュームが大きく、下半身のボリュームが小さいシルエット
Aラインシルエット…上半身のボリュームが小さく、下半身のボリュームが小さいシルエット 

細身のパンツを履くと上半身を大きくしても小さくしても勝手にIラインかYラインになるのでシルエットが綺麗になります。

また、人間の眼は同じ長さであっても細い方が長く見えるものなので、細いパンツを履くと足が長く見える効果があり、胴長短足の日本人男性には強い味方になってくれます。

細身のパンツってどんなパンツ?と疑問が出てくるかと思います。簡単にパンツのシルエットを紹介するとこんな感じです。 

上から下まで全てが細身の「スキニー」、 裾に行くにつれて細くなる「テーパード」、上から下まで真っ直ぐなラインの「ストレート」、どかっと太い「ワイド」、裾広がりの「フレア」「ブーツカット」、   

こんな感じでパンツと言っても色々なシルエットのものがありますが、細身のシルエットは「スキニー」、「テーパード」の2つです。

なのでこのどちらかのシルエットのものを選びましょう。ちなみにより細いのはスキニーパンツになります。

ということでここまでをまとめると「細身」の「パンツ」を手に入れようってことです。

更に付け加えるとより細く見せるためにダークトーン(黒に近い色)のものを選びましょう。ダークトーンは収縮色なので同じ太さであっても明るい色と比べて細く見せることが出来ます。

では次に「ダークトーン」で「細身」の「パンツ」のオススメ品を紹介していきます。

 

ユニクロ/EZYリラックスフィットアンクルパンツ(1990円)がオススメ

こちらの商品になります。先ほど説明したパンツのシルエットで当てはめるとテーパードシルエットになります。テーパードとは裾に向かって細くなるシルエットですね。

何故より細い「スキニー」ではなく、「テーパード」を選んだかというとリアルに「服を買いに行く服がない」という状態を想定したからです。店舗に行って試着出来ないことを想定して通販での購入を前提として選びました。

スキニーパンツはサイズ感がシビアなのでなるべく試着してから購入するのが懸命です。その点テーパードパンツなら幾分サイズ感に余裕があるので大きな失敗もしにくい。

おまけにEZYリラックスフィットアンクルパンツならアンクル丈なので裾上げもやる必要なし。アンクルパンツとはくるぶし丈のパンツのことです。

通販で購入するならこれ以上適した商品はないでしょう。ちなみに170cm56キロの僕でSサイズを購入しています。参考までに。

このパンツの何が良いかと言うと一番のポイントはテーパードが強烈なところです。

太もも部分はかなり余裕のあるシルエットながら裾幅はMサイズで17.5cmの細さ。ここまでメリハリのあるシルエットをユニクロが作るのは珍しいです。

また、アンクル丈なので下半身の最も細い部分である「足首」を露出することになるので実際の裾幅以上に細く見えます。

おまけにセンタープレスもキッチリと入っているので生地が縦に引っ張られるためより細く見えます。センタープレスが消えてきたらアイロンを当てて復活させましょう。

ウエストはゴムなので履きやすいですし、値段も1990円と安い。ダークトーンを選ぶと収縮色なので細く見えるためネイビーがオススメです。

EZYリラックスフィットアンクルパンツを実際に履いてみた。

この記事の最初の方でコーディネートの肝はパンツと説明しましたよね。それを証明したいと思います。初期設定のコーディネートからパンツのみを変更してみたので確認してみてください。

これが

こうなります

これが

こうなります

これが

こうなります

どうでしょうか?パンツを変えただけなのに一気に良くなりましたよね?しかも3のコーディネート全部。

まだ平均点は超えられていないかもしれませんが、それなりにアップデートされたはずです。

今回はここまでです。次回はこのパンツに合わせる靴を手に入れましょう。

ちなみに服を買いにいく服がある人はスキニーパンツを買いましょう。

テーパードパンツならより細く、より足が長く見えます。オススメはウルトラストレッチスキニーフィットジーンズです。

パーツやステッチが目立たないデザイン、裾までしっかりと細いシルエット、厚みのある素材に加えストレッチ性が凄いのでスキニーパンツなのに窮屈さが感じられません。170cm、56キロで28インチを着用しています。

最後までお読み頂きありがとうございます。

バイバイっ!!

ユーチューブはこちら

ツイッターはこちら

インスタはこちら

ラインはこちら

今回紹介したアイテムはこちら!

EZYリラックスフィットアンクルパンツ 

https://www.uniqlo.com/jp/store/goods/420848-35

ウルトラストレッチスキニーフィットジーンズ 
https://www.uniqlo.com/jp/store/goods…