ユニクロU2020春夏アイテム全部買って分かったマストバイ&ワーストバイTOP3を紹介!

ユニクロUのアイテムを全部買ってきて、すべて試着したので、その中でわかったマストバイ3つと、ワーストバイ3つを紹介します。

ワーストバイと言っても、商品がダメというわけではなく、着こなしがちょっと難しいという意味なので、もし購入された人がいても、特に問題はないのでご安心下さい。

ワーストバイ3&マストバイ3

ワーストバイ 第3位 

https://www.uniqlo.com/jp/store/goods/426186

それでは早速始めましょう。
まずワースト3位、ちょっと着こなしが難しい方のアイテムの3位から行きたいと思います。
第3位はドライタッチサマークルーネックセーターです。

この商品の何が難しいかと言うと、透け感が半端じゃない、というところが難しいポイントです。

本当に透け感がすごくて、1枚ではもちろん着られないのですが、中にインナーを入れたとしても、インナーがかなり透けて見えて、光って見える感じになります。
かなり着こなしが難しい商品です。

実物を肉眼で見ると相当な透け感で、これを逆手にとってきれいなコーディネートを組めるという人にはとてもおしゃれなアイテムだと思うのですが、普通の人には結構難しいアイテムだと思います。

商品名に「サマーニット」と書いてあるので、夏用のニットにはなるのですが、実際このニットが涼しいかどうかはおいておくとして、夏に長袖のニットを着るのはさすがに季節感が間違っているとも思われやすいので、ちょっと要注意です。

また、同じユニクロUでも「リブクルーネックセーター」は、ストンときれいに落ちるシルエットでおすすめのニットなのですが、この「ドライタッチサマークルーネックセーター」は袖や裾にリブがついていて、動くと裾が若干上がってきてしまいます。
そのため、シルエットが若干汚くなってしまうので、そこもちょっと残念だなと思うところです。

そんなわけで、同じユニクロUのニットだったら、こちらのリブクルーネックセーターや、普通のミドルゲージVネックカーディガンなどの方がおすすめです。

 

マストバイ 第3位

https://www.uniqlo.com/jp/store/goods/425782/

次はマストバイアイテムの第3位を紹介します。
第3位はイージーワイドフィットパンツです。

かなり太めのワイドパンツなので、みんながみんなにおすすめというわけではないのですが、コットンリヨセル素材を使っていて、かなりきれいな落ち感とツヤがあって、ワイドパンツをまだ履いたことがないという人にもおすすめできる逸品です。

裾は若干テーパードしていますし、丈も短めなので、ワイドパンツに抵抗があるという人でも簡単にコーディネートが組める、そんなパンツになっています。
テーパードパンツというのは、裾に向かってだんだんと細くなっていくシルエットのことです。

ワイドパンツではあるのですが、若干テーパードしていることと、丈が短めなこともあって、ワイドパンツに抵抗がある、そんな人にも穿きやすい一着になっているかと思います。

着こなしもそんなに難しくないです。
例えばツヤのあるオーバーサイズのTシャツを着て、上下ゆるゆるにしたり、ジャストサイズの丈が短めのものを合わせてAラインシルエットを作るとかがおすすめです。

Aラインシルエットとは、コーディネートの上半身のボリュームが小さくて、下半身のボリュームが大きいシルエットのことで、Aラインシルエットにするとスタイルがきれいに見えます。

ワーストバイ 第2位

https://www.uniqlo.com/jp/store/goods/427334

次はワーストの第2位を紹介します。
第2位はリネンコットンチェックオープンカラーシャツです。

こちらリネン素材なのですが、若干ハリのある素材を使っているせいで肩がちょっと張ってしまったり、オンブレチェックで見た目の印象が強かったりして、着こなしが結構難しいです。

かなりドカジュアルなアイテムで、インパクトの強いため、コーディネートを作るのがすごく難しいアイテム。

普通に何も考えないでコーディネートを組んでしまったら、結構ひどいコーディネートができあがってしまうかなと思い、ワースト2位にしました。

マストバイ 第2位 

https://www.uniqlo.com/jp/store/goods/425783

次はマストバイアイテムの第2位を紹介します。
第2位はワイドフィットテーパードパンツです。

こちらセットアップで、上のジャケットもあるタイプのパンツなのですが、シルエットはふともも付近がワイドで、裾に向かってだんだんと細くなっていくテーパードシルエットです。そのテーパードがかなり強めに出ているのが特徴。

センタープレスが入っている、スラックスというかっちりとしたアイテムでありながら、ポリエステル100%でシワになりにくい素材、かつワイドテーパードというゆるめのシルエットでカジュアルダウンされて、バランスの整ったパンツになっています。

着用したらかなり強烈なテーパードシルエットになっています。シワの出ないきれいなシルエットです。

ウエストはドローコードがついているので、ベルトいらずで着脱も楽チンです。
素材も悪くないですし、シルエットがとてもきれいなので、おすすめのパンツになります。

https://www.uniqlo.com/jp/store/goods/426040?rrec=true

セットアップのジャケットも展開していて、こちらも一緒におすすめです。

ユニクロUは、毎シーズン定番でテーラードジャケットを販売していて、先ほど説明したパンツとセットアップになっています。

セットアップとは上下ともに同じ素材で作られた商品のことです。セットアップはスーツでも使うことができるのですが、どちらかと言えばカジュアル用途のアイテムなので、スーツに比べるとカジュアルダウンされた商品が多めです。

例えばこのジャケットも、ポケットがフラップポケットではなくパッチポケットになっていて、素材もウールではなくイージーケアの化学繊維。
なので、ドレスアイテムの代表格であるテーラードジャケットではあるのですが、素材とデザインで少しずつカジュアルダウンしています。

先ほど、このジャケットのポケットをパッチポケットと紹介しましたが、他のポケットはどういうものがあるのかと言うと、フラップポケットというフタ付きのポケットがあります。

こちらが一般的にスーツで使われるものです。

ちなみに、こちらもユニクロの商品で、ストレッチウールジャケットという商品なのですが、こちらは高級素材のウールが使われていて、さすがにこちらのジャケットと比較してしまうと、ユニクロUのテーラードジャケットは若干素材感が落ちてしまいます。

ですが、先ほどのウールジャケットと違いポリエステル100%なので、ケアはこちらの方が簡単ですし、素材感も化学繊維特有のテカテカ感がさほど出ていないので、十分許容範囲かと思います。

見ての通りシルエットはとてもきれいで、ジャストサイズなシルエットになっています。本当は上下共にブラックが欲しかったのですが、店頭ではブラックの在庫がなかったので、今回はネイビーを購入してきました。

ネイビーは若干緑がかったネイビーで独特な色味なので、オンラインで在庫があればブラックの方をおすすめします。

今までユニクロのジャケットと言えば、コンフォートジャケットをおすすめしていたのですが、ユニクロUのテーラードジャケットの方がよりおすすめです。

コンフォートジャケットは、袖にボタンがついていたり、背中にセンターベントがあったりと、スーツ本来のディテールがしっかりついていますが、ユニクロUのテーラードジャケットは、そのあたりが簡略化されていて、袖のボタンなどもついていません。
このあたりが気にならない人であれば、こちらのテーラードジャケットの方がおすすめです。

ポリエステル100%のジャケットで、ケアも簡単ですし、シワもつかないため、とてもおすすめのジャケットになっています。ヘビロテ間違いなしだと思います。

ワーストバイ 第1位 

https://www.uniqlo.com/jp/store/goods/426079/

次はワーストアイテム第1位を紹介します。

第1位は2WAYトートバッグ。こちらのバッグの何が2WAYなのかと言うと、トートバッグにもなるし、肩にかけるとリュックにもなるという意味での2WAYトートバッグです。

このように2通りの使い方ができますし、収納力がかなりあるので、機能性はいいのですが、おしゃれ用途に使うという意味においてはちょっと難しいアイテムかなと思います。

ハンドル部分も長すぎます。確かにハンドルが長くなっていると肩にかけることができて便利なのですが、若干かっこいいと言いがたいシルエットになっています。

ブロックテック素材なので、防水ですし、本当に機能性はいろいろ優れている商品なのですが、おしゃれに使うかどうかと言われると、ちょっと違うアイテムです。

マストバイ 第1位 

https://www.uniqlo.com/jp/store/goods/425974

次はマストバイアイテムの第1位を紹介します。
マストバイの第1位はエアリズムコットンオーバーサイズTシャツです。

なんと4色も買ってしまいました。僕の周りでもみんな複数色買っていて、本当におすすめのTシャツです。

表面に上質なコットン糸、裏面にエアリズム糸を使用したダブルフェイスのジャージー素材。素材感が本当にめちゃめちゃ良くて、まるでハイブランドのTシャツかのようです。

しかもエアリズムなので、着心地も抜群に良いですし、機能性も素晴らしく良いので、言うことなしでヘビロテ間違いなしのTシャツだと思います。

ちょっと写真だと想像しにくいと思うのですが、エアリズムを着たことがある人は、ちょっと厚みのあるエアリズムを想像してもらえれば近いかなと思います。

シルエットはオーバーサイズシルエットで、肩も落っこちているドロップショルダーのビッグシルエットTシャツになります。
とは言え、首元を詰めたクルーネックなので、着せられている感は出にくいですし、シルエットも文句なしの出来です。

ちなみに他の色はLサイズを購入しました。着用したらこんな感じです。Lサイズでこれぐらいのサイズ感になります。

やっぱり着心地はすごくいいですし、手で触っても肌触りもとても気持ちよくて、すごく気に入っています。
ただ、このTシャツは良すぎて、周りの人があまりにも買っていて、無地のTシャツはふつうユニクロのものだとかわからないはずなのですが、ここまでみんなが着ていると、わかっちゃうのではないかと思います。

僕はわかっちゃっても全然気にしないタイプなので大丈夫なのですが、ユニクロとバレるのが気になるという人は、ちょっとだけ注意してみてください。

総括

最後に簡単に総括したいと思います。

ワーストバイの3つは、ものはいいけれど透け過ぎていてちょっと着こなしが難しいアイテムだったり、リゾート従業員感が出てしまう半袖シャツだったり、機能性はいいけれどおしゃれとして使うのはちょっと難しいバッグ。この3つを紹介しました。

対してマストバイの3つは、初心者でも使いやすいワイドパンツ、セットアップのジャケットとセットになっているパンツ、そして最高のTシャツの3つでした。

お読みいただありがとうございました。

バイバイッ‼

ユーチューブはこちら

ツイッターはこちら

インスタはこちら

ラインはこちら

今回紹介したアイテムはこちら!

ドライタッチサマークルーネックセーター
https://www.uniqlo.com/jp/store/goods/426186

リブクルーネックセーター
https://www.uniqlo.com/jp/store/goods/426191

ミドルゲージVネックカーディガン
https://www.uniqlo.com/jp/store/goods/426190

イージーワイドフィットパンツ
https://www.uniqlo.com/jp/store/goods/425782/

リネンコットンチェックオープンカラーシャツ
https://www.uniqlo.com/jp/store/goods/427334

ワイドフィットテーパードパンツ
https://www.uniqlo.com/jp/store/goods/425783

テーラードジャケット
https://www.uniqlo.com/jp/store/goods/426040

コンフォートジャケット
https://www.uniqlo.com/jp/store/goods/425035

2WAYトートバッグ
https://www.uniqlo.com/jp/store/goods/426079/

エアリズムコットンオーバーサイズTシャツ
https://www.uniqlo.com/jp/store/goods/425974