【ユニクロ+J】ウールブレンドジャケットをレビュー!オールシーズンに使える!

スーツとセットアップという言葉の定義は曖昧で、しっかりと線引きをされているわけではありません。スーツ=仕事用、セットアップ=日常着用と認識していただいてほとんど大丈夫なのですが、そうじゃない時もあるので注意が必要です。

+Jのジャケットの中でもスーツとしても使えそうなウールブレンドジャケットは、他に比べて目立たないのですがカッチリとした作りですがVゾーンを広くすることでカジュアルな印象も付加しているアイテムとなります。

デザインが同じで素材が違うウールテーラードジャケットも出ていて、今回の+Jのジャケット類は当たりが多い印象です。

【ユニクロ+J】ウールブレンドジャケットをレビュー

スーツっぽい作りで細部にカジュアルな印象を入れている

ウールブレンドジャケット セットアップ可能 ¥15,900

日常着用のジャケットを仕事でも着るというのは徐々に普及してきました。昔は夏でもネクタイとジャケットが当たり前でしたが、クールビズが導入されてからスラックスにポロシャツを合わせることも当たり前の光景になったこともあり、ジャケットも徐々にオンオフ兼用のものが出てきました。

肩パッドの有無や素材感など、どのアイテムでもオンオフ兼用になるわけではありませんし、就職面接などのTPOによっては正しい形の方が良い場合もありますので注意が必要ですが、兼用で使えた方がクローゼットの場所も取らず便利と感じる人は多いはずです。

ウールブレンドジャケットはセットアップ可能ということで、同素材のパンツも発売されています。

ライトの具合で同じ色に見えませんが、両方とも黒で同じ色になります。素材が違うと似た色のものを選んでも色合いやツヤ感等が微妙に違うことがあり、パッと見ても違うものを着てるのだなというのが分かってしまいます。

そのちょっとした違和感はコーディネートに影響を与えるので、わざと別のものを使う以外は違う素材のものを合わせない方が良いです。

このジャケットの作りとしてはほぼ仕事着用のスーツと同じになります。ポケットは両脇と胸にあり、内側には2カ所あります。

両脇のポケットはフラップ(蓋)がついていますが、このフラップは雨や埃が入らないようにするためのものとなっているので、外では出しておくのが正しい形となります。

室内に入ったら中に入れた方が良いと書いてあるブログとかもありますが、今は入れてないから失礼というふうに思われることもほとんどないので、片方が中に入ってて片方が出てるというようなことがないように注意してみてください。

袖のボタンは4つが重なっています。

ボタンが重なっているというのは機能的には特に何かがあるわけではないのですが、機械で付けることができないため手間がかかっていることが分かります。

https://www.azabutailor.com/blogs/ikebukuro/files/2013/11/009.jpg
出典:麻布テイラー

このように横並びになっていると機械で取り付けることが可能ですが、こういう細かい部分の作りにこだわりが含まれていてジャケットの完成度を上げてくれています。

ラペルはノッチラペルというスーツでも多く使われる形になっています。

ラペルは下襟のことを言い、V字型に切り込みがあるものをノッチラペルで、よりフォーマルなものになるとピークドラペルというものになります

Cu|ブリティッシュ・シングルピーク
出典:Pitty Savile Row

礼服などでも使われる形となり、よりドレス度を上げて重厚感を感じる形になります。

第一ボタンを閉めた上にできるVゾーンは少し広くなっています。

ここが広くなることでカジュアルな印象が出てきて、完全な仕事着にならないようなデザインになっています。日常着はいかに仕事着みたいにならないかが大切になっていきます。

セットアップにシャツに革靴だと、いくらカッコよくても仕事着に見えてしまい日常着にはなりません。

だからシャツの代わりにTシャツ、革靴の代わりにスニーカーを履くことでバランスを取っていくのですが、今回のVゾーンのように各アイテムの細部によっても仕事着になりすぎないように工夫がされています。

背面はジャケットの真ん中に切れ目があるセンターベントになっています。

https://image.uniqlo.com/UQ/ST3/AsianCommon/imagesgoods/432644001/sub/goods_432644001_sub21.jpg?width=1194
出典:ユニクロ

ベントとは動きやすいようにするための切れ目で、センターベントは元々乗馬の際に足を左右に開きやすくするために生まれたという説があり、軽快な印象を与えてくれます。他にもサイドベンツというものもあります。

https://www.deffert.net/wp-content/uploads/sidevents3.jpg
出典:DEFFERT

左右に切れ目があり、元々は軍人がサーベルを腰にぶら下げやすくするために生まれたという説があり、パンツとのヒップラインが一体化することにより脚長効果があります。またベントがあることで左右に広がりやすくなり、ウエスト部分がより引き締まって見えてスタイルが綺麗に見える効果もあります。

よくベントの部分は購入時に糸が付いています。

そのことに気付かずにそのまま着用している方を見かけることも多いですが、ぜひ糸は切って使用してください。開くべきところが開いてないとシルエットが崩れて綺麗じゃなくなってしまうので。

綺麗なシルエット

タイトなシルエットになっているので、インナーに分厚いセーターを着ることには適していません。ですので防寒性を高めるためには上にアウターを羽織ることをオススメします。

タイトになっている分、綺麗に身体のシルエットが出ています。ウエスト部分が少し絞ってあって、綺麗なシルエットになるようになっています。

https://image.uniqlo.com/UQ/ST3/AsianCommon/imagesgoods/432644001/item/goods_09_432644001.jpg?width=1194
出典:ユニクロ

なぜウエストが絞られているかというと、その方がスタイル良く見えるからです。同素材のパンツもあるので、両方を着用するとジャケットの着丈の長さもあり腰の位置がパッと見で分からなくなります。

人は腰の位置を認識すると、その人の脚の長さやバランスを自動で認識するようになります。でも腰の位置が分からないと別の部分で腰の位置を把握する必要があります。

そこでジャケットが細くなるウエスト部分を見て、脚の長さやバランスを把握するのですが、実はここで目の錯覚を利用することができます。ウエストの絞り位置を少し高くすることで腰の位置を本来よりも上に錯覚してくれるので、それによって脚が長く見えその結果スタイルが良く見えるのです。

日本人は胴長短足の方が多いので脚が長くてスタイルが良いと自信を持っている人は少ないです。そこで脚が長いと見せる目の錯覚を利用することでスタイルを良く見せることができるのです。

絞りの位置が低いとガッチリした体型に見せることもできますし、絞りがないとスッキリした印象にすることもできます。何が正しいというわけではなく、それぞれで与える印象が違うという風に認識していてください。

着丈は普段Mサイズを着る人がSサイズを着てもお尻がほとんど隠れるぐらいの長さになっています。

長すぎることも短すぎることもなく、ちょうど良い長さです。

適度なツヤ感と暖かさ

ウールブレンドという名前の通り、ウール98%とポリウレタン2%の素材を使用しています。スーツといえばウールというぐらい、ウールは使用されるのですが、そこに伸縮性がありシワになりにくいポリウレタンをブレンドすることで保温性や通気性を確保しつつ耐久性を高めたものとなります。

上質なウールを使用しているためハリが適度にあり、しっかりとした表情を楽しむことができます。ツヤ感も過度にツヤツヤしておらずカジュアルな印象のあるツヤ感です。裏地が付いているため冬にも着ることができます。

裏地があるとそれだけ保温性が高まり冬に着用することができるのですが、逆に夏には暑くなるので、夏に着用する時は、下記の画像のような背抜きや裏地がないものを選ぶ方が良いかと思います。

保温性が高まるとは言えジャケットだけで真冬を超すことはできませんので、ハイゲージニットや機能性インナーを中に着用し、コートを羽織ることをオススメします。

また日常着の際はセットアップで着用しても良いですし、パンツだけデニムにしてカジュアルな印象を追加してもバランス取れたコーディネートになります。ぜひ色々なコーディネートを楽しんでみてください。

【ユニクロ+J】ウールブレンドジャケットは1着持っておくと便利

同じデザインで某ハイブランドも使用しているNikke社の素材を使用したウールテーラードジャケットの方が素材感も良くて、それと比べると目立つアイテムではなくなりますが、今回の+Jのジャケットは当たりばかりだったので、ぜひ試着して欲しいアイテムです。

日本人はパーカやデニムなどカジュアルなアイテムを多くもっている方が多いので、こういうジャケット1着持っておくだけでコーディネートの幅が広がるのでオススメです。

また、他にもユニクロ+Jで買うべきおすすめアイテムが知りたい方は「【+J最速レビュー】ユニクロ+Jで買うべきアイテムはこれ!マストバイアイテム5選紹介!」もぜひ参考にしてください。

最後までご覧いただきましてありがとうございました。

バイバイ!

ユーチューブはこちら
実際に洋服を購入して比較レビューするコンテンツをメインとして、ファッション初心者に向けて分かりやすく配信。毎日欠かさず配信して、ユニクロUなどもタイムリーに紹介しているので、チャンネル登録して頂けると嬉しいです!

ツイッターはこちら
リアルタイムで商品開発、各媒体のお知らせ、日常などを最新情報を発信中。
最新情報をいち早くチェックしたい人はフォローお願いします!

インスタはこちら
他では紹介していないまとめのお気に入り私物アイテムを発信。
ファストファッション-ハイブランドまでのオススメアイテムを知りたい方はフォローお願いします!

ラインはこちら
プライベートな話しや商品開発の進捗、イベント&商品販売の告知を行っています。
情報を漏れなくチェックしたい方はぜひご登録下さい!

ユニクロのアイテム選び方
オススメアイテム 【2019-20秋冬】ユニクロで買える超個人的オススメアイテムランキングTOP5!!
買ってはいけない 【5選】ユニクロで買ってはいけないアイテム特集!20万円分購入して分かった!【2019-20秋冬】
男でも着れるレディース 【男でも着れる】ユニクロのレディースアイテムおすすめ2020!メンズが着こなすコツは?
ユニクロのトップスアイテムを見る
シャツ 白シャツ Yシャツ
リネンシャツ Tシャツ ニット
ドライクールネックセーター エクストラファインメリノセーター タートルネック
フリース ジャケット コンフォートジャケット
感動ジャケット デニムジャケット ダウンジャケット
メンズパーカ マウンテンパーカ スウェットプルパーカ
ダウンパーカ チェスターコート
ユニクロのボトムスアイテムを見る
メンズパンツ ジーンズ スキニー
ハーフパンツ リラックスフィットアンクルパンツ EZYアンクルパンツ
ステテコ
その他のユニクロ関連の記事を読む
ヒートテック リュック ネクタイ
JWアンダーソン
ユニクロ+J関連の記事を読む
マストバイアイテム メンズが着るレディース シャツ
カシミヤブレンドオーバーサイズチェスターコート ウールブレンドチェスターコート ライトダウンボリュームパーカー
スーピマコットンレギュラーフィットシャツ スーピマコットンオーバーサイズシャツ スーピマコットンクルーネックT、モックネックT
メリノブレンドVネックカーディガン メリノブレンドクルーネックセーター カシミヤブレンドクルーネックセーター
ウールブレンドジャケット ダブルフェイスオーバーサイズワークジャケット ダウンオーバーサイズリブブルゾン
ウールブレンドイージーパンツ チノパンツ

この記事を監修した人

プロフィール

株式会社RePLAY代表取締役。ブランドやセレクトショップ、古着、ウェブメディアなどアパレルに関する多彩な事業を運営。YouTube「まとめチャンネル」やブログ、Twitterでは、おしゃれ初心者にもわかりやすいファッション情報を配信中!