ユニクロのダウンジャケット全部買って比較してみた。シームレスからウルトラライトダウンまで完全網羅!

ユニクロのダウンは暖かさと重さを基準に分けるとなんと全部で6種類あります(by公式サイト)。その中で店舗で購入可能なのは5種類。今回は店舗で買えるその5種類+元々持っていたユニクロユーのレディースのダウンも合わせて6種類紹介します。

結論から言うと個人的に一番好きなのはウルトラライトダウンボリュームジャケットで、万人にオススメなのはハイブリッドダウンパーカです。

ではそれぞれどこが良くて、どこがダメなのかじっくり解説していきます!!

ユニクロのダウンを6種類紹介!!

ユニクロのダウンを大きく分けると以下の6種類があります。

  • ウルトラライトダウンコンパクトシリーズ
  • ウルトラライトダウンシリーズ
  • ウルトラライトダウンボリュームジャケット
  • シームレスダウンシリーズ
  • ハイブリッドダウンアウター
  • ハイブリッドダウンウルトラフォーム(EC限定)

下にいくにつれ「重く、暖かく」なっていきます。

なのでハイブリッドダウンウルトラフォームが最も重く最も暖かい商品です。

逆にウルトラライトダウンコンパクトシリーズが最も「軽く、暖かくない」です。と言っても十分暖かいですが。

 

ユニクロのダウン6種類一挙解説!!

ウルトラライトダウンコンパクトベスト

そもそもユニクロの冬アウター代名詞にもなりつつある「ウルトラライトダウン」とはなんのことでしょうか?ウルトラライトダウンとはその名の通り、「驚くほど軽いのに暖かい」を両立させたユニクロの大ヒット作です。

おまけに耐久撥水加工や持ち運びできるほどのコンパクトさも兼ねそろえた機能性溢れるダウンになります。

コンパクトシリーズはウルトラライトダウンコンパクトジャケットとウルトラライトダウンコンパクトベストの2種類があります。今回買ったのはベストの方。

1枚で着るならコンパクトジャケットの方が着こなしやすいですが、コンパクトジャケットを1枚で着るような気温なら、他のアウターを着た方が良いでしょう。

あくまで防寒性を兼ね揃えている点が優れているのであって、あえてオシャレのためだけに着る必要はありません。

対してコンパクトベストの方はインナーとして使えばレイヤード用として役に立ちますし、防寒にももってこい。

袖がないので全く着膨れしませんし、レイヤード用のチラ見せであれば十分オシャレとして使えます。

これ購入した人も気づいてない方が多いと思うんですが、折り返すと深めのVネックになるのがポイント。コーディネートにもよりますがVネックの方がレイヤードしやすいので折り返すのがオススメです。

今年のモデルは表地のテカテカ感がかなり軽減されていて多少マットな質感。昨年ほどのビニール感はなくなったので、今まで素材感が苦手だった人は是非もう一度見て欲しいです。

コンパクトベストは本気でコンパクトなので旅行時にバッグに入れて置くのもオススメ。静電気を抑える裏地を使用していて静電気がこないことを店舗で大きく打ち出していました。

 

ウルトラライトダウンワイドキルトジャケット

ウルトラライトダウンシリーズはウルトラライトダウンジャケットとウルトラライトダウンワイドキルトジャケットとウルトラライトダウンパーカの3つがあります。

今回はウルトラライトダウンワイドキルトジャケット(5990円)を購入しました。購入の決めてはキルト幅が太いこと。

キルト幅が太ければ太いほどシーム(縫い目)が少なくなるためミニマルで大人っぽい印象になります。

ダウンジャケットはとてもカジュアルなアイテムで普通に着用すると服に気を使っていないオジさんの印象になりやすいため、なるべくクリーンに綺麗に見せるのが定石。なので、シームが少なく、パッカリングも少ないワイドキルトを購入しました。

ウルトラライトダウンパーカを選ばなかった理由は後述しますが、フードタイプでのダウンの良品が他にあるからです。

襟位置が高く小顔効果が強いですし、キルト幅も太めでこの手のダウンジャケットの中ではかなりの良品ではありますが、ユニクロには他にも良いダウンがあるのでわざわざこれを選ぶ必要はないかなと感じました。

 

ウルトラライトダウンボリュームジャケット

こちらはシリーズではなくボリュームジャケットのみです。このダウンは相当オススメ。

ボリュームがあるのでシルエット的にはカジュアルさがありますが、キルト幅がとても太いためデザインがシンプルでドレスライク。

それにボリュームがあると言っても着丈は長くないですし、袖幅と袖丈もややタイトなのでブカブカではない計算されたシルエット。首元がしっかりしているので小顔効果もあり、ボリュームがあるシルエットでもバランスが取れます。

近年ダウンジャケットはボリュームをなくす方向にトレンドが動いていましたが、今年はショート丈のボリュームダウンがハイブランドを中心に増えてきました。ただし、ボリュームがあれば良いわけではなく、デザインを極端にシンプルにしてあることがポイント。

元々ダウンジャケットはカジュアルなアイテムなのでシルエットにボリュームを出す以上、デザインをシンプルにしてドレスさも担保するとバランスが取れて着こなしやすくなります。手にとって近くで見ると素材感は気持ちチープさがありますがギリギリ許容範囲。

万人にオススメというアイテムではありませんが、ファッション初心者を抜け出して、ちょっと攻めたアイテムにもチャレンジしてみたいという方にはとてもオススメ。

個人的に今回最も気に入ったのはこのボリュームダウンジャケットです。

 

シームレスダウンパーカ

シームレスダウンシリーズはシームレスダウンパーカとシームレスダウンコートとシームレスダウンロングコートがあります。その中でも最も着丈の短いシームレスダウンパーカを購入しました。 

このシリーズはその名の通りシームレスで「縫い目のない」ダウンです。従来の縫い目を熱圧着によりなくしています。水沢ダウンのような高級ダウンでも見られるデザインですね。 

縫い目がないことにより、羽毛の飛び出しを防いだり、雨や雪の侵入を防いだりする効果以外にも、印象を変えるほどの違いが現れます。縫い目がないということはよりミニマルな見た目になるということ。

 たとえ縫い目でも、特にダウンは縫い目の主張が強いので、装飾要素となりカジュアルライクな見た目になってしまいます。

シームをなくすことでより大人っぽくドレスライクな印象になりダウンのアウトドア的なイメージを払拭しています。 

また光沢のないマットな素材を採用することで既存のダウンアウターのイメージを払拭させることに成功しています。

立体的なフードで小顔効果も期待でき、身体の凹凸も拾わないので自然にスタイルよく見せてくれます。 ウール素材のロングコートのように気を使わず、軽く暖かく手軽に使えるアウターなのにドレスライクという寒い季節にはかなり魅力的なアイテムに仕上がっています。

大人っぽいダウンが欲しい方にオススメです。

 

ハイブリッドダウンパーカ

ハイブリッドダウンアウターシリーズはハイブリッドダウンパーカとハイブリッドダウンコートがあります。今回はハイブリッドダウンパーカ(9990円)を買いました。

商品名のハイブリッドとは「暖かさ」と「動きやすさ」を両立させている点を表しています。

というのもこのダウンは全てがダウンなわけではなく、身頃がダウンで、脇や袖は吸湿発熱中綿になっています。

なのでアームホール部分はとても細身。アームが細いためダウンパーカ全体の印象もとても細くなっています。

おまけにノンキルトという縫わずに接着加工する技術を駆使しており、全然着膨れしません。今回購入したダウンの中でも最もスッキリ着れるダウンは間違いなくこのハイブリッドダウンパーカです。

暖かさと動きやすさを両立させたアウターかつ、スッキリとしたシルエットなのでスーツの上から着用するビジカジスタイルにもオススメ。もちろん街着のオシャレとしても十二分に活躍してくれるアウターです。

ハイブリッドダウンパーカは万人にオススメしたいダウン。

特に「ダウンジャケットは暖かいから着たいけど、着膨れして太って見えるから嫌だな、、、」なんて人にオススメ。

  

パデットショートパーカ

2019AWユニクロUのパデットショートパーカーは発売日に思わず購入してしまったほどの良アイテム。、、だったのですが、今回ユニクロのダウンアウターを比較する中で思ったより高クオリティなアイテムが多く、魅力が薄れていったアイテムでもあります。

まずなんと言っても個性的なシルエットが魅力。実はレディースアイテムということもありサイズ感はメンズよりもグッとコンパクト。

かなり思い切ったショート丈になり、どこぞのハイブランドを彷彿とさせるシルエット。

元々ボリュームシルエットの商品なのでレディース商品ではありますがサイズアップで着用すれば身幅も問題ありません。 

ボリュームのあるフードはジップで取り外しが可能。テカリのあるフードの裏地が見えてしまいますし、存在感があるので取り外した状態での着用がオススメ。

ネックもしっかり立つので小顔効果も抜群です。 またシームレスダウンのような見た目ですが、商品名の通り、ダウンではなく中綿入りのパーカー。なのでダウンではありません。

良い商品ではありますが、似たタイプのウルトラライトダウンボリュームジャケットがとても良かったのでそちらのがよりオススメ。  

 

ユニクロのダウンまとめ

  • ウルトラライトダウンコンパクトベスト→マットな質感になりアップデート。折りたたんでVネックにするのがオススメ。
  • ウルトラライトダウンワイドキルトジャケット→襟位置が高く小顔効果が強い。キルト幅も太めでカジュアル過ぎないダウン。
  • ウルトラライトダウンボリュームジャケット→トレンドフルなシルエット。イチオシ。
  • シームレスダウンパーカ→縫い目がなくミニマルなダウン。
  • ハイブリッドダウンパーカ→細身で着膨れしないダウン。万人にオススメ。
  • パデットショートパーカ→ウルトラライトダウンボリュームジャケットのがオススメ。

ということでユニクロのダウン紹介は以上です。

個人的に一番好きなのはウルトラライトダウンボリュームジャケットですが、万人にオススメなのはハイブリッドダウンパーカです。

ユーチューブはこちら

ツイッターはこちら

インスタはこちら

ラインはこちら