ユニクロ春の新作!ブロックテックパーカとオーバーサイズアノラックパーカ、マウンテンパーカを実際に買って徹底比較!

今回はユニクロで買える春アウター3種類を紹介&比較します。

今回紹介するアイテムはユニクロの「マウンテンパーカ」「オーバーサイズアノラックパーカ」「ブロックテックパーカ」なんですが勿論それぞれに良いところがあって特徴も違います。 

この3アイテムを実際に買ってきたので着用しつつレビューしていきます。

結論から言うと今回はどれも良いアイテムだったので一概に「これ!」とは決められませんでしたが、個人的にはオーバーサイズアノラックパーカが一番でした。 

既にユニクロ店頭で販売されているのでいつでも誰でも購入可能。すべてのアイテムに良いところがあるのでご自身の好みや環境に応じて選んで欲しいです。春は夏や冬よりも期間が短いので購入するアウターも絞って賢くファッションを楽しむのがオススメ。  

「マウンテンパーカ」「アノラックパーカ」「ブロックテックパーカ」を紹介!

マウンテンパーカ 

本格的な見た目のマウンテンパーカ。素材はポリエステルとコットン混紡素材です。ハリのあるパリッとした生地感。生地が硬いため着用時に身体凹凸を隠し体型がきれいに見えます。

がっしりとした迫力のある生地で本格的な説得力があります。 表地には耐久撥水性があり、少しの悪天候でも問題無し。フードをかぶれば雨も凌げます。裏地はさらっとしたメッシュ地。通気性を確保し蒸れを解消してくれます。フロントはジップとボタンで開け閉め。 

フードがかなり大きく小顔効果が期待でき、固めの生地感と合わせて体型が驚くほど綺麗に見えます。 

ポケットはよくある位置に左右1つずつと、胸にハの字状に左右1つずつあります。胸ポケットはジップ付きです。 袖はアジャスターで絞ることができます。アームも身幅もゆったりしていますが、袖をギュッと細く絞るとすっきり見えるのでおすすめ。

何故なら人の視線は先端に集中するからです。 首、手首、足首の3首と呼ばれるポイントを細くすると全体がすっきりと見えます。 

切り替えやパーツが多いものの、全て1色で統一されているのですっきりとした大人っぽい印象になっています。 

 

 オーバーサイズアノラックパーカ 

アノラックとはアウトドアなどで使われるフード付きのアウターです。ハーフジップのシンプルなデザインで非常に使いやすい。軽くて耐久性のあるナイロン素材でシャカシャカした光沢のある素材感です。 

水を防ぐ耐久撥水機能があって、裏地はメッシュかつオーバーサイズシルエットにしていてムレにくい仕様。

オーバーサイズだと体型が出ないため、太っていても痩せていても関係ないのが嬉しいポイント。 

 

ブロックテックパーカ

ブロックテック素材を使用したジップアップのパーカー。ブロックテックとはユニクロが開発した高機能素材で透湿防水性能があります。

透湿防水とは雨など外からの水を防ぎ、汗など内側の蒸れを逃すということです。 見た目も年を追うごとに改良が加えられ生地感がアップ。

高級感あるツルッとしたウールライクな見た目になっています。 ハリがあるので身体をすっぽりと隠してくれ、顔まで届くジップによる対比効果で小顔効果もあります。 

シルエットはやや細め。袖についたアジャスターで袖幅を調節できるので細く絞ってすっきりとした印象にするのがオススメです。

ブロックテックの機能であれば2万円程度で販売されていてもかしくないクオリティです。  

 

「マウンテンパーカ」「アノラックパーカ」「ブロックテックパーカ」を比較! 

比較 : 素材 

ここからは3アイテムを一気に比較してみていきます。

まずは素材。マウンテンパーカは素材はポリエステルとコットン混紡素材。

ハリのあるパリッとした生地感。

表地には耐久撥水機能があり、フードをかぶれば雨も凌げます。裏地はさらっとしたメッシュ地。通気性を確保し蒸れを解消してくれます。

オーバーサイズアノラックパーカは軽くて耐久性のあるナイロン素材。シャカシャカした光沢のある素材感です。

マウンテンパーカと同様に表地には水を防ぐ耐久撥水機能があり、裏地はメッシュでムレにくい仕様。 

ブロックテックパーカのブロックテックはユニクロが開発した高機能素材でアウトドアなどで使われる高級機能素材「ゴアテックス」を模して作られており、透湿防水性能があります。

透湿防水とは雨など外からの水を防ぎ、汗など内側の蒸れを逃すというものです。 インナーを着込んで、室内に入った時や電車などで気温差によって汗をかいても蒸れを逃してくれるので快適。

見た目も少し前に改良が加えられ生地感がアップ。

高級感あるウールライクな見た目になっています。  

 

比較 : デザイン

次にデザインを見ていきましょう。 

マウンテンパーカは元々登山用に開発されたものなのでポケットが多く防風防水性能に優れています。

この商品もその辺りのルーツに忠実なデザインになっており奇抜でもなく優れたデザインです。

オーバーサイズアノラックパーカもアノラックによくある真ん中部分の切り替えやハーフジップのデザインで奇をてらったことはせずにシンプルに作り上げています。 

ブロックテックパーカはシルエットも素材も大人っぽく仕上げているだけあって、デザインも削ぎ落としたシンプルな作り。

最もモダナイズされているパーカです。

   

比較 : シルエット

最後にシルエットの違いです。 

マウンテンパーカは着丈、袖丈がやや長く、身幅も緩めなアウターらしいゆったりとしたシルエットです。インナーを重ね着も出来るようなサイズ感。

多少サイズ選びに困っても大きめのフードでシルエットをごまかせます。

袖を絞ってすっきりとした印象にも出来るのであえて大きめのサイズを選ぶのもありです。

ただ固めの素材なので肩が落ちない点に注意。試着して違和感のないサイズ感での着用がオススメです。

オーバーサイズアノラックパーカはその名の通り、緩めのオーバーサイズ。

着丈、袖丈はマウンテンパーカよりも大きいです。プルオーバーで着用時は身体をすっぽりと覆う為、体型が出にくい。通常のサイズ感でやや緩めになっています。

Yラインを作りたい人はワンサイズアップするのがオススメ。  

ブロックテックパーカはシルエットがタイト。

ユニクロアオンラインストアではゆとりのあるフィット感と謳っていますが、着用してみてもマウンテンパーカ、オーバーサイズアノラックパーカよりもコンパクトな作りです。

通常のサイズ感だとやや中途半端なシルエットなので、すっきりと着用したい場合は普段よりワンサイズ下。オーバーサイズで着用する場合は1-2サイズアップがオススメです。

大きめを選んだ場合、袖についたアジャスターで袖幅を調節できるので細く絞ってすっきりとした印象にしましょう。 

コーディネート

マウンテンパーカのコーディネート

マウンテンパーカの特徴をまとめるとデザインはシンプルでシルエットは緩めで素材は艶があってドレスライク。

アノラックパーカほどのカジュアルさもないし、ブロックテックパーカほどの大人っぽさもないためコーディネートもシンプルに作りました。

 どんなアイテムにも合わせやすい黒の細身パンツに黒のシューズで下半身を整えて体型を綺麗に見せています。

黒は収縮色なので細身に見えますし、黒のパンツと黒のシューズを合わせるとパンツと靴の境界線がなくなるため足が長く見えます。 

コーディネートにはA.I.Yラインシルエットという3つのシルエットがありますが、AラインはIラインはYラインは冬はコートが主役になるので上半身のボリュームが大きくなってYラインシルエットの登場機会が多くなりますが、春夏は秋冬と比べると出番が減ります。

そんな春のコーディネートでも頑張ってYラインシルエットを作ったのがこちら。

下半身は先ほども説明した通り細身のものにして、上半身は緩めのパーカにオーバーサイズのストライプシャツ。パーカはジップを開けて広がりを見せていますし、シャツも着丈の長いものにして上半身のボリュームを大きくしています。

  

オーバーサイズアノラックパーカのコーディネート

オーバーサイズアノラックパーカの特徴をまとめるとアノラックのデザインを忠実に再現し、シルエットはかなり緩めで、素材はシャカシャカしたカジュアルな素材。

パーカにしては十分大人っぽいアイテムですが、今回紹介している他アイテムと比べるとシワ感もあって気持ちカジュアルなのでドレスライクな色である黒を選んでバランスを取っています。 ということでこのアイテムはあえて緩いパンツを合わせてゆるゆるなコーディネートを作りました。

緩いパンツがより強調されるよう白の厚みのあるシューズで合わせて下半身をガッツリ大きくしています。上下緩いコーディネートを作る際の注意点として、体型が綺麗に見えにくいというものがあります。 

先ほど説明したA.I.Yラインシルエットのどれにも当てはまらないからです。 

なので襟のあるシャツをインナーにしたりフード付きで小顔効果のあるパーカを着用していたりで体型が綺麗に見えるようバランスを取っています。

若干カジュアルに寄りすぎていたのでドレスライクなトートバッグを持って完成。 春らしさも出したかったため、派手めなストライプシャツをインナーにして裾と襟でチラ見せしています。 

 

ブロックテックパーカのコーディネート

ブロックテックパーカはデザインも最もシンプルで、素材もツルッとしたドレスライクなものを使い、シルエットも細身なので最も大人っぽく作られてパーカです。 

なので今回はその細さを利用してAラインシルエットを作りました。冬はどうしてもAラインシルエットが作りにくいので春コーデこそAラインシルエットの出番です。

かなり大きめのワイドパンツにボリュームのある白シューズで下半身にしっかりとボリュームを出しています。

ブロックテックパーカは元々細身のものですがジップを閉めることでより細さを強調し綺麗なAラインシルエットになっています。

アウターよりインナーの着丈を少しだけ長くしておくとスタイルがよく見えやすいので、白のシャツを中に入れています。シューズが白なので色を拾いつつ春らしく明るさを取り入れているのがポイントです。  

 

アイテム別オススメシーン

マウンテンパーカのオススメシーン

耐久撥水機能があり悪天候時やレジャーなどにはもちろん最適なのですが、街着としてもオススメです。

他の2アイテムと比較すると最もポケットディテールが多いことが挙げられます。男性の荷物ぐらいであれば余裕で収納できてしまうぐらい大きなポケットがあるのでバッグを持たず身軽に出かけることができます。

ちょっとそこまで用事がある時ならフードをかぶれば傘もささずにOKです。 

 

オーバーサイズアノラックパーカのオススメシーン

こちらも撥水機能があり悪天候でも問題ないので屋外イベントやレジャーにオススメ。軽量のナイロン素材とオーバーサイズで余裕のあるシルエットで動きやすさも抜群です。

裏地は通気性の良いメッシュ素材、多少寒くてもインナーを着込むことのできる余裕があるので季節問わず活躍してくれます。

プルオーバータイプなので一度着ると脱ぐのが面倒だったり髪型が崩れるのが嫌な方もいるかと思うので、脱ぐ必要のあまりない屋外での着用がオススメです。 

 

ブロックテックパーカのオススメシーン

優秀なブロックテック素材、コンパクトでモダンなデザインでシーン問わずオススメできます。

街着でもレジャーでも、特に電車など気温差があったり、サイクリングなど必然的に汗をかきやすくなるシーンにはブロックテック素材が一番。

汗など内側の蒸れを逃す機能があるので快適に過ごすことができます。

以上がユニクロ春の新作アウターを実際に買って徹底比較!でした!

結論は今回はどれも良いアイテムだったので一概に「これ!」とは決められませんでしたが、個人的にはオーバーサイズアノラックパーカが一番。

是非この記事を参考にご自身に合った春アウターをゲットしてみてください。春は短いのでユニクロで賢くをオシャレを楽しみましょう。 

またユニクロの他のパーカについてさらに詳しく知りたい方は「【レビュー】UNIQLOのパーカ全部買って比較してみた!スウェットプル、ドライストレッチ、ブロックテック、ボアスウェットまで完全網羅!」もチェックしてみてください!

今回は以上です。

バイバイっ!! 

ユニクロのアイテム選び方
オススメアイテム 【2019-20秋冬】ユニクロで買える超個人的オススメアイテムランキングTOP5!!
買ってはいけない 【5選】ユニクロで買ってはいけないアイテム特集!20万円分購入して分かった!【2019-20秋冬】
ユニクロのトップスアイテムを見る
シャツ 白シャツ Tシャツ
フリース ニット ドライクールネックセーター
エクストラファインメリノセーター タートルネック ジャケット
ダウンジャケット 感動ジャケット デニムジャケット
メンズパーカ マウンテンパーカ スウェットプルパーカ
ダウンパーカ チェスターコート
ユニクロのボトムスアイテムを見る
メンズパンツ ジーンズ スキニー
ハーフパンツ リラックスフィットアンクルパンツ EZYアンクルパンツ
ステテコ
その他のユニクロ関連の記事を読む
ヒートテック JWアンダーソン

ユーチューブはこちら

ツイッターはこちら

インスタはこちら

ラインはこちら

この記事を監修した人

プロフィール

株式会社RePLAY代表取締役。ブランドやセレクトショップ、古着、ウェブメディアなどアパレルに関する多彩な事業を運営。YouTube「まとめチャンネル」やブログ、Twitterでは、おしゃれ初心者にもわかりやすいファッション情報を配信中!