【3000円vs5万円】ユニクロのエクストラファインメリノセーターとジョンスメドレーのニットを比較してみた。オススメはどっち?

ハイブランドとファストファッションにはどれほどの差が存在するのか?を実際に購入して比較するシリーズ。

今回はメンズファッションの必須アイテム「ニット」です。ニットは1枚で着て良し、シャツのアウターにするも良し、コートのインナーにするも良しで秋冬には手放せないマストアイテムになります。

比較するのは「ユニクロ」の名作「エクストラファインメリノクルーネックセーター」

各所で絶賛されている名作でなんと3000円で販売されています。

このユニクロのニットと、、、

高級ニットの代名詞「ジョンスメドレー」の「ウールカシミヤ ハイゲージクルーネックニット」を比較していきます。

こちらはなんと55000円もします。

3000円 VS 55000円の価格差10倍どころか20倍近い商品を見比べていきます。

結論から言うと、、、確かにジョンスメドレーの方が良いです。良いんですが、価格ほどの差があるのかと聞かれると、、、ちょっと難しいかなといったところです。

ということで詳しくみていきましょう。 

 

素材のきめ細やかさや肌触りはジョンスメドレー

まずは素材から。

こちらがユニクロのエクストラファインメリノウールセーター。ウール100%になります。各所で絶賛されているユニクロのエクストラファインメリノウールですが、実際凄いです。

素材は本当に言うことなしで素晴らしいクオリティ。

商品名である「エクストラファインメリノウール」とはウールの等級を表しており上から2番目に良い等級になります。

ユニクロのエクストラファインメリノは19.5マイクロンです。マイクロンとは糸の細さのことを表しており、細くなればなるほどきめ細やかな艶が生まれ上品に見えます。

ユニクロのエクストラファインメリノセーターは他のファストファッションのニットと比べると一目瞭然で素材の差が分かるほどのクオリティです。

ではジョンスメドレーのウールカシミヤハイゲージクルーネックニットはどうでしょう。こちらはウール50%とカシミヤ50%になります。

ジョンスメドレーはこの商品の等級を公表していなかったので、等級のランク自体は分からなかったんですが、一般的にウールとカシミヤではカシミヤの方が更に細いです。

写真で伝わるか不安ですが、並べてみるとその差は歴然。

ジョンスメドレーの方が明らかに上品できめ細やかな風合いです。肌触りも全然違くてとても柔らかいです。ツヤ感もジョンスメドレーはヌメッとした鈍い艶で言うことなし。

ジョンスメドレーのニットは糸がとても細いのでインナーが若干透けて見えるほどです。中に白シャツを入れるとニットのツヤと透けて見える白が相まってとても綺麗になります。

ユニクロのエクストラファインメリノセーターも本当に素晴らしい素材なんですが、ジョンスメドレーと比較してしまうと流石にちょっと劣ってしまうかなといったところです。

 

シルエットは好みの差だがジョンスメドレーの方が工夫がみられる 

次にシルエットの違いをみていきましょう。

こちらはユニクロのエクストラファインメリノウールセーター

ユニクロのエクストラファインメリノセーターのシルエットはほとんど特徴がありません。

ちょっとリブがキツイのでオーバーサイズで着用するとリブで止まらずに裾がストンと綺麗に落ちるシルエットになるのでオススメです。

もう少しタイトだと動いている間にリブが上がり野暮ったい印象になります。僕は170cm56キロでXLを着用しています。

こちらはジョンスメドレーのニット

ジョンスメドレーのシルエットは極細。というのもアームホールはユニクロと変わらないんですが身幅が相当細く、ウエストが絞ってあり壺形のシルエットです。

筋肉質で体に凹凸がある人が着用すると体の形を拾って素材の陰影がつき、より綺麗な艶が現れるように設計されています。

こちらもユニクロのニットと同じくリブがキツイのでサイズUPがオススメです。僕は170cm56キロでLを着用しています。

筋肉質で体型が綺麗な人はジョンスメドレーのニット、体型に自信がない人はユニクロのニットの方が似合うでしょう。

 

デザインはそこまで変わらない

次はデザインの違いです。

デザインはシンプルなニットなのでパッと見で分かるほどの差がないんですが、バインダーやリブを見てみましょう。

こちらがユニクロのエクストラファインメリノウールセーター

こちらはジョンスメドレーのニット

目立つほどの大きな違いはありませんが、、、ジョンスメドレーの方がバインダー幅やリブ幅が細く、リブ自体も細かくドレスライク。

そもそもリブが目立たないレベルです。といってもユニクロも十分頑張っていてリブやバインダーを目立たないようにして上品に仕上げようとしているのが伝わってきます。

ステッチングの綺麗さは互角です。両者ともに生地の高級感を損なわないよう目立たないステッチングにしています。

 

機能性はユニクロに軍配

最後に機能性です。

ユニクロのエクストラファインメリノセーターはなんとマシンウォッシャブル。

以前からユニクロのエクストラファインメリノウールを何度も使用していますが、ガンガン洗濯出来ますし、型崩れしにくく耐久性も十分あります。毛玉が出来にくい加工もあり、実際出来にくいです。

一方ジョンスメドレーは流石に家庭で洗濯は出来ません。クリーニングを頼ることになります。この価格帯のニットを買う人であればクリーニング代は気にしないでしょうが、金額よりも手間が面倒です。なるべく家庭で洗濯出来たほうが良いのはまちがいないでしょう。

 

まとめ

ということでユニクロのエクストラファインメリノウールセーターとジョンスメドレーのウールカシミヤ ハイゲージクルーネックニットを比べてみると確かにジョンスメドレーの方が良いです。

良いんですが、いくらなんでも値段が違いすぎますし、ほとんどの人はユニクロのニットで満足するでしょう。とは言え無地のニットはメンズファッションにおける定番アイテムです。思い切って自慢の1着を購入して長く愛用するのもファッションを楽しむ醍醐味だと思います。

僕も何度か高い買い物をしたことがありますが、頑張って買ったものには商品の性能を超えた愛着が湧くものです。

コスパの良いユニクロを買うのもありですし、思い切ってジョンスメドレーのニットを買うのも良いでしょう!! 

ユーチューブはこちら

ツイッターはこちら

インスタはこちら

ラインはこちら