ユニクロのオススメ秋冬コート6選!2020年はコラボ商品やメンズに人気のアイテムでコスパ良く冬支度をしよう!

秋冬のファッションはシャツ、ニット、コートと着られるアイテムが増えて嬉しい反面、春夏に比べてお金がかかってしまいがちです。

特にコートは安いものでも数万円はしますし、良いものが欲しいけどなかなか手が回らないアイテムの一つじゃないでしょうか。

そんなあなたにオススメなのがユニクロのコートです。

ご存知の通り、ユニクロはライフウェアをコンセプトとしたハイクオリティな日常着を展開していますが、コートのクオリティもかなり高くなっています。

しかも、コートとは思えないくらい安いものもあったりするので秋冬アイテムが色々欲しいけどなかなか懐が厳しいという方にもオススメです。

今回はユニクロの中でも特にオススメなコートを6つに厳選してご紹介。

デザインや素材、着こなしやすさなどを見て総合的に選んでいるのでぜひ参考にしてみてください。紹介するものの中には、他ブランドとのコラボ商品も含まれています。

特に最近ファッションに目覚めて、とりあえずコスパよく着こなしやすいコートが欲しいという方は必見の内容になっています。

 

ユニクロのオススメ秋冬コート6選!2020年のコラボ商品やメンズに人気のアイテムはどれ?

ユニクロ シングルブレストコート

https://www.uniqlo.com/jp/ja/products/E429298-000/00?colorDisplayCode=39&rrec=true

一つ目のおすすめコートはユニクロ通常ラインの「シングルブレストコート」です。

シングルブレストというのはボタンがフロントのボタンが縦一列に並んでいるディテールのことで、要するに一般的なコートと同じようなものだと思ってもらえれば大丈夫でしょう。

ちなみにダブルブレストというのもあり、トレンチコートのようにボタンが縦に2列並んでいるもののことを指します。

いわゆるステンカラーコートの作りになっていて、特に目立ったデザインはないシンプルなコートですが、シャツのような襟が特徴と言えるでしょう。

ステンカラーコートはこのシャツ襟が付いていることで対比効果で顔が小さく見えるので、スタイルがよく見えて様になりやすいコートになっています。

スタイルをよく見せるテクニックはたくさんありますが、ステンカラーコートなら難しいことを考えずパッと羽織るだけで様になるので、ファッション初心者にもおすすめです。

例えばチェスターコートなんかは襟が寝ていて顔まわりに何もない状態になるので、小顔効果が期待できずスタイルをよく見せることができません。

「八頭身」という言葉があるように、顔の大きさはスタイルの良さを測る基準になっています。

足を長く見せたり、背を高く見せるのも重要ですが、顔を小さく見せることがスタイルをよく見せる近道なんです。

そういった意味でステンカラーコートは着こなしやすいアウターになっています。

今回のシンブルブレストコートでは素材がしっかりとした厚みでハリのあるものになっているので、襟が顔まわりでしっかり主張してくれて小顔効果が出やすくなっているでしょう。

さらに、フロントのボタンが比翼仕立てになっていることでよりミニマルな雰囲気になっているのも特徴です。

比翼とはボタンを閉めたときに外からボタンが見えなくなる仕様のことで、ディテールが見えなくなることでよりシンプルな見た目になります。

ロングコートって丈が長いので歩きにくかったりするものもあるんですが、このコートは後ろにスリットが入っているのでそういったこともありません。

また、このスリットがあることで生地に動きが出てドレープ感が伝わりやすくなります。

ちなみに、購入時には型崩れを防ぐためにしつけ糸で縫い付けられているので切る前に外しておきましょう。

襟元から脇下に縫い目が走っているラグランスリーブという袖の付け方になっているので、オーバーサイズで着ても肩が張って見えづらく、違和感が出にくいのもポイントです。

ラグランスリーブは肩まわりが動かしやすくなるのでスポーツウェアなんかにも使われています。

袖口にはベルトとそれを留めるボタンが2つ付いていて、奥の方のボタンでベルトを留めると袖口を細く見せることができるんですが、生地がかなり厚手になっていて変にシワが寄ってしまうので、基本的には袖口を絞らずに着るのがおすすめです。

かなり細かい部分なんですが、襟や袖、裾など各所にステッチが入っていて、シンプルなコートだからこそデザインとして生かされているのもポイントになっています。

素材について見ていくと、ポリエステル、レーヨン、アクリルの混紡になっていて、化学繊維のみで作られているんですが、全然そうは見えません。

化学繊維というとテカテカとした光沢のチープな質感のものも少なくないんですが、これは近づいて見てもそういった安っぽさは感じないでしょう。

フェルトやメルトンのような繊維を圧縮した生地になっていてぱっと見はウールと遜色ありませんし、裏地もしっかりついているので防寒性もバッチリです。

そして、このコートで一番驚いたのは価格です。

なんと7990円という冬コートとしてはかなりのお値打ち価格になっています。

ここまで解説してきたように、安いからといって作りが雑だったり素材が悪かったりするわけではもちろんありませんし、かなりコスパの高いアイテムだと言えるでしょう。

シンプルなコートをまだ持っていないという方はとりあえずゲットしておいて損はない、そんなアイテムです。

ユニクロU トレンチコート

https://www.uniqlo.com/jp/ja/products/E431587-000/00?colorDisplayCode=08&rrec=true

二つ目のオススメコートはユニクロUレディースのトレンチコートです。

このアイテムはトレンチコートという商品名にはなっていますが、むしろタイロッケンコートやラップコートに近いディテールになっているのが特徴です。

トレンチコートはかっちりしすぎている雰囲気のものが多いんですが、デザインを簡略化していることで街着として自然に着こなしやすくなっています。

トレンチコートの特徴である大きな襟や2列に並んだボタンは装飾性を加えてくれるのですが、結構ごちゃごちゃした印象になりがちですが、こちらはボタンを無くすことでシンプルな見た目になり着こなしやすくなっているというわけです。

また、特徴的なエポーレットやガンフラップも省略されていて本当にミニマルな印象になっているのが分かるでしょう。

タイロッケンコートはベルトと金具で前を閉じるのに対して、ラップコートはベルトだけで閉じる仕様になっているものなので、このアイテムに関してはラップコートというのが一番近いかなと思います。

素材のクオリティもとても高くて、古着や高級トレンチコートに見られるような玉虫色の光沢がある生地を使用しているので、化学繊維にありがちな安っぽさは全くありません。

トレンチコートにはパリッとしたハリ感のある生地のものと、てろっとした落ち感のある生地のものがあるんですが、このトレンチコートはその中間くらいの生地感になっています。

ちなみに落ち感というのは生地が重力に従って流れるように落ちていくようなイメージで、逆にハリ感は重力に逆らって洋服本来の形を保つような生地です。

シンプルにいうと柔らかい生地は落ち感があって、固い生地はハリ感があると覚えておけば良いでしょう。

そんな感じで、適度な落ち感とハリ感がある生地を使用しているトレンチコートです。

こちらは最初にもお伝えしたようにレディースアイテムなんですが、メンズでも着られるくらい大きい作りになっています。

メンズが普段通りのサイズを選んだとしても、ゆとりを持って着られるくらいのサイズ感になっているので、レディースアイテムとしては相当大きな作りになっているのが分かるでしょう。

メンズがレディースアイテムを着ること自体は何の問題もないというのはこのブログでも何度かお伝えしたかと思うんですが、気をつけなければいけないポイントがいくつかあります。

そのうちの一つが袖丈です。

レディースのアイテムはメンズのアイテムに比べて袖丈が短いことが多いので肩周りや裾丈が合っていたとしても、袖だけつんつるてんになってしまうことがよくあります。

その点、このトレンチコートはレディースアイテムですが、メンズが着ても全然違和感のない袖丈になっていて、むしろメンズ用に作ったと言われても分からないレベルです。

また、メンズとレディースだとボタンのついている向きが違うので、シャツやコートを着る際には気になる方も多いかと思うんですが、こちらはボタンがついていないためそれも問題ありません。

シルエットは先程も言ったようにかなりオーバーサイズの作りになっています。

肩のラインが落っこちているドロップショルダーやたっぷりした身幅と裾丈でトレンドライクな今っぽい雰囲気のコートと言えるでしょう。

そんな感じでかなりオススメのアイテムなんですが、オンラインショップでは現在全サイズ完売となっているようです。

フリマアプリなどで探せばぼちぼち見つかるので、興味がある方は探して見るといいでしょう。

 

ユニクロ&JWアンダーソン ステンカラーコート

https://www.uniqlo.com/jp/ja/products/E432710-000/00?colorDisplayCode=30

三つ目のオススメコートはユニクロ&JWアンダーソンの「ステンカラーコート」です。

こちらもレディースの商品ではあるんですが、かなりクオリティが高かったのでオススメさせていただきます。

通常ラインのものや、アンダーソンコラボのメンズのものもすごくいいんですが、素材感やクオリティに関してはこちらの方が上だと感じました。

まずデザイン面から見ていくと、シンプルなステンカラーコートになっていて、最初に紹介したものと同じようにシャツ襟になっているんですが、そちらと比べるとやや大きめの作りです。

襟が大きいと顔まわりにボリュームが来るので小顔効果がより期待できます。

また、襟がコンパクトな方がモダン、大きい方がクラシカルな印象になるんですが、最近のトレンドは少しずつクラシカルに寄ってきているので、そう言った意味でもオススメです。

かといって、襟が大きすぎると古臭い印象になってきて着こなしのハードルが上がってしまうものですが、アンダーソンコラボのステンカラーコートは絶妙なバランスになっています。

肩のラインがラグランスリーブになっているのも特徴で、先程も言ったように肩まわりが動かしやすく、オーバーサイズに着ても着せられているような印象にはなりません。

メンズのステンカラーコートではフロントボタンが比翼仕立てになっていましたが、こちらは普通にボタンが見える仕様になっています。

レディースアイテムなのでメンズとはボタンの向きが逆になっていますが、着ていてレディースだと気付かれることはまず無いので、個人的には特に気にしなくてもいいポイントかとは思います。

どうしてもボタンの向きが気になるという人は最初に紹介したメンズのステンカラーコートを選ぶといいでしょう。

素材はポリエステルとウールの混紡になっていますが、ほとんどウールと言ってもいいくらいの高級感のある風合いになっています。

アンダーソンコラボのメンズでもステンカラーコートは展開されていて、そちらも悪くはないんですが、この素材感の差でレディースの方が優れていました。

また、裏地が袖と背中の一部にしかついていないので防寒性でいうと最初に紹介したコートの方がいいでしょう。

その分、軽くて生地感の柔らかさも出やすくなっているのでしっかりした生地のコートなんですが、ドレープ感は出やすくなっています。

無地とチェックの2色展開になっているんですが、チェックの配色・発色がすごく綺麗なのもオススメポイントです。

カジュアルなチェック柄を面積の大きいロングコートで使うのは結構ハードルが高いんですが、このチェックは落ち着いた色味になっていて大人っぽく着こなしやすくなっています。

シンプルな無地のコートは持っているけど、柄のコートは持っていないという方にはこのコートでチェック柄にチャレンジしてみるのをオススメしたいです。

着丈と身幅はかなり大きく作られているオーバーサイズのシルエットですが、袖丈は短めになっているのでオーバーサイズでも着せられているような印象になりにくくなっています。

ただし、先程も言ったようにメンズがレディースアイテムを着る際に着丈や身幅が大丈夫でも袖丈が短いことがよくあるので、このコートを選ぶ際にも袖丈を見るようにするといいでしょう。

先程のユニクロUのトレンチコートもレディースでしたが、基本的にレディースアイテムの方がメンズアイテムよりもクオリティが高くなることが多くなっています。

なぜかというと、レディースファッションの方が市場規模が大きく、ロットを多く生産できるので価格を安く抑えることができるからです。

多くの製品と同じように、アパレル業界においても生産量を多くすればするほど一点あたりの価格を抑えることができます。

なので、メンズとレディースで同じくらいの価格のものを作ったとすると、レディースの方が大量に作って原価を下げることができるため、いい素材だったり丁寧な作りを実現できるというわけです。

また、一般的にレディースファッションの方がトレンドが早く、より攻めたデザインのものを作ることができるのも要因の一つでしょう。

ユニクロはライフウェアをコンセプトとしてトレンドを追いかけることはあまりないですが、やはり少しづつ影響を受けてきますし、今回のようなコラボラインではデザイナーの意向も入ってくるためトレンドライクなデザインも出てきます。

そういった意味でもこのコートはすごくクオリティが高かったので、男性にもぜひ一度手に取ってみて欲しいです。

ユニクロ ウールカシミヤチェスターコート

四つ目のオススメコートはユニクロの「ウールカシミヤチェスターコート」です。

こちらのアイテムは毎年改良されて発売される定番アイテムなのですが、近年の出来は完成形と言っても過言ではないものとなっており万人にオススメできるものとなっています。

デザインはシンプルでクセがないため、ユニクロのアイテムだとバレるのが嫌な人も問題なく着用することができます。

シルエットは年々改良されていますが、現在は柔らかい素材で肩からストンと落ちる綺麗なシルエットだけでなくトレンドに合わせて着丈が長くなっており、万人が着やすいちょど良い長さになっています。

素材はウール90%・カシミヤ10%と超高級素材を使っており、素材感も凄く良くてぬめっとした鈍い艶感があるのも特徴的です。生地に厚みはないので冬に着用する際は厚手のニット等を入れてあげると問題なく着用することができます。

チェスターコートはテーラードジャケットを縦に伸ばしたような形が特徴的で、トレンチコートの次にフォーマルなアイテムとなります。

仕事着の上にそのまま着用できますが、街着として着用する際はハイゲージニット・スラックス・革靴と合わせてしまうと仕事着感が出てしまうので、スニーカーやデニムなどのカジュアルなアイテムをどこかに入れるようにしましょう。

ユニクロのウールカシミヤチェスターコートについて詳しく知りたい方は、こちらの記事もご覧ください。

ユニクロU ステンカラーコート

五つ目にご紹介するアイテムはユニクロUの「ステンカラーコート」です。

ユニクロはインラインでも色々なコラボレーションでもステンカラーコートを出していますが、その中でも一番オススメできるアイテムとおり、ぜひ押さえていただきたいアイテムです。

ステンカラーコートはシャツ襟の形状で着丈が長いものになっていますが、このアイテムは襟をわざと開いており肌の露出を増やすことで春らしくなるようにしています。

またステンカラーコートはよくビジネスシーンで使われるのでボタンが見えない比翼デザインにしてシンプルなデザインなものが多いのですが、あえてボタンを出すことでカジュアルな印象にしています。

ステンカラーコートとチェスターコートの違いをおさらいしておきたい方は、こちらの記事もご覧ください。

ボタンは大きくとても目立つので全体に与える影響は大きいのですが、しっかりとした高級感あるものになっているのも特徴的です。

シルエットはトレンドであるビッグシルエットになりますが着せられている感が出ないようになっていてとても綺麗で、着丈も長く服好きな人も好んで着られるようになっています。

ビッグシルエットやオーバーサイズは初心者には凄くオススメできるものになりまして、細身のパンツと合わせると簡単にYラインシルエット(上が太くて下が細い)という綺麗なシルエットが完成しますし、体型が気になる方もスタイルを隠すことができるので痩せてる人と同じシルエットを作ることが可能です。

綺麗な光沢がある素材で、特徴的なのは袖裏の裏地です。

胴にある裏地はポリエステル65%綿35%なのですが、袖裏はポリエステル100%にしており、袖を通しやすい工夫をしています。とても細かい部分ですが日々着用するストレスを軽減させる工夫がされています。

ステンカラーコートはビジネスで使われるのでコーディネートを間違えると仕事帰りに見られがちですので、明らかにビジネスでは使わないデニムやスニーカーなどのアイテムを使ってカジュアルダウンして使用してみてください。

ユニクロUのステンカラーコートについて詳しく知りたい方は、こちらの記事もご覧ください。

ユニクロU フーデッドコート

六つ目にご紹介するアイテムはユニクロUの「フーデッドコート」です。

こちらはアウターとして着用するには頼りないのですが、レイヤードアイテムとしてはとても優秀なものになります。

特に春になった直後は寒暖差があるので、コートのインナーとして着用できるので重宝する方も多いと思います。

デザインはシンプルなのですが、特徴的なのはフードが綺麗に膨らむことです。

フードが綺麗に膨らむかどうかで小顔効果が出るかどうかが決まり、スタイルの良さに直結する大事な部分となります。

https://www.uniqlo.com/uniqlo-u/21ss/common/imgs/lookbookWomen/lookbook-1.jpg?1610950195367
https://bit.ly/3pKCsjd

ユニクロUのルックでもコートのインナーにフーデッドコートを着用していますが、フードの存在感を感じていただけるかと思います。

着丈はセミロングになっていて、コートの中に入れると綺麗にレイヤードできる長さとなっています。ゆったりしたサイズ感とサイドにスリットも入っているので動きやすいのも特徴です。

素材はガサガサしていて艶もなく薄い生地になのですが、保温性が高くないからこそ春コートのインナーに入れることができますし、冬のコートに入れても生地が薄いので邪魔になることもありません。

レイヤードアイテムはコーディネートの幅を広げてくれますのでぜひチェックしてみてください。

ユニクロUのフーデッドコートについて詳しく知りたい方は、こちらの記事もご覧ください。

ユニクロの秋冬コートでコスパ良く冬支度をしよう!

今回はユニクロでオススメのコート6選を紹介しました。

価格がかなり抑えられているんですが、クオリティも抜群なのはさすがユニクロです。

どれも着こなしやすくて、ファッション初心者にもオススメできるのでぜひ参考にしてみてください。

コートを探しているという方はぜひ一度ユニクロに足を運んでみましょう。

ユーチューブはこちら
実際に洋服を購入して比較レビューするコンテンツをメインとして、ファッション初心者に向けて分かりやすく配信。毎日欠かさず配信して、ユニクロUなどもタイムリーに紹介しているので、チャンネル登録して頂けると嬉しいです!

ツイッターはこちら
リアルタイムで商品開発、各媒体のお知らせ、日常などを最新情報を発信中。
最新情報をいち早くチェックしたい人はフォローお願いします!

インスタはこちら
他では紹介していないまとめのお気に入り私物アイテムを発信。
ファストファッション-ハイブランドまでのオススメアイテムを知りたい方はフォローお願いします!

ラインはこちら
プライベートな話しや商品開発の進捗、イベント&商品販売の告知を行っています。
情報を漏れなくチェックしたい方はぜひご登録下さい!

ユニクロのアイテム選び方
オススメアイテム 【2019-20秋冬】ユニクロで買える超個人的オススメアイテムランキングTOP5!!
買ってはいけない 【5選】ユニクロで買ってはいけないアイテム特集!20万円分購入して分かった!【2019-20秋冬】
男でも着れるレディース 【男でも着れる】ユニクロのレディースアイテムおすすめ2020!メンズが着こなすコツは?
ユニクロのトップスアイテムを見る
シャツ 白シャツ Yシャツ
リネンシャツ Tシャツ比較 ニット
ドライクールネックセーター エクストラファインメリノセーター タートルネック
フリース ジャケット コンフォートジャケット
感動ジャケット デニムジャケット ダウンジャケット
メンズパーカ マウンテンパーカ スウェットプルパーカ
ダウンパーカ コート チェスターコート
エアリズムポロシャツフルオープン
ユニクロのボトムスアイテムを見る
メンズパンツ ジーンズ スキニー
ハーフパンツ リラックスフィットアンクルパンツ EZYアンクルパンツ
ステテコ
ユニクロの小物アイテムを見る
ヒートテック リュック ネクタイ
エアリズムマスク
ユニクロのコラボ商品を見る
JWアンダーソン春夏 JWアンダーソン秋冬 ビリーアイリッシュ
セオリー
ユニクロ+J関連の記事を読む
マストバイアイテム メンズが着るレディース シャツ
カシミヤブレンドオーバーサイズチェスターコート ウールブレンドチェスターコート ライトダウンボリュームパーカー
スーピマコットンレギュラーフィットシャツ スーピマコットンオーバーサイズシャツ スーピマコットンクルーネックT、モックネックT
メリノブレンドVネックカーディガン メリノブレンドクルーネックセーター カシミヤブレンドクルーネックセーター
ウールブレンドジャケット ダブルフェイスオーバーサイズワークジャケット ダウンオーバーサイズリブブルゾン
ウールブレンドイージーパンツ チノパンツ

今回紹介したアイテムはこちら!

ユニクロ シングルブレストコート

https://www.uniqlo.com/jp/ja/products/E429298-000/00?colorDisplayCode=39&rrec=true

ユニクロU トレンチコート(レディース)

https://www.uniqlo.com/jp/ja/products/E431587-000/00?colorDisplayCode=08&rrec=true

ユニクロ&JWアンダーソン ステンカラーコート(レディース)

https://www.uniqlo.com/jp/ja/products/E432710-000/00?colorDisplayCode=30

ユニクロ ウールカシミヤチェスターコート

https://is.gd/j8KsVC

ユニクロU ステンカラーコート

https://bit.ly/3ts19n0

ユニクロU フーデッドコート

https://bit.ly/36ywomj

この記事を監修した人

プロフィール

株式会社RePLAY代表取締役。ブランドやセレクトショップ、古着、ウェブメディアなどアパレルに関する多彩な事業を運営。YouTube「まとめチャンネル」やブログ、Twitterでは、おしゃれ初心者にもわかりやすいファッション情報を配信中!