ユニクロのスウェットプルパーカのサイズ感やコーデ例!レディースのスウェットオーバーサイズプルパーカーと比較!

ユニクロのスウェットプルパーカーのSサイズとXLサイズを買ってきたのでサイズごとの着こなしを紹介します!

ジャストサイズという言葉がありますが、コーディネートは洋服のサイズよりも着こなしのが圧倒的に重要です。

ユニクロ店頭に置いてある最も小さいサイズのSと最も大きなサイズのXLを買ったので実際に着比べてみました。 

いつもMサイズぐらいとかLサイズぐらいとか自分のサイズってなんとなくわかっていますよね。でも同じアイテムでもお店によってサイズはかなり違います。

いつもMサイズだからMサイズでいいや!と買ったのに実際に着てみたら、こんなの大きくてor小さくてきれないよ!という経験があるのではないでしょうか。 

でも、自分のジャストサイズでなくてもおしゃれに着こなせるポイントがわかっていれば、そんな失敗も減ります。

必ずしもジャストサイズである必要はないですし、小さくても大きくてもコーディネート次第。

ということで今回はユニクロのパーカーを使って小さいサイズ、大きなサイズの着こなし方を紹介します。

また記事後半では、メンズのスウェットプルパーカとレディースのスウェットオーバーサイズプルパーカーの比較もしています。

そして最後にパーカのアレンジ方法も解説するのでお楽しみに!! 

ユニクロのスウェットプルパーカー(2990円)のシルエットやサイズ感を解説!!

https://www.uniqlo.com/jp/store/goods/418705?rrec=true

ということでまずはユニクロのパーカについて書きたいと思います。

パーカを選ぶ際にポイントとなるのは何よりフードの立ち具合です。

フードがくにゃっとへたれないで顔周りでキープされていると、フードと顔の対比効果で小顔に見えるので、適当に羽織るだけでもサマになります。

その点ユニクロのパーカは超優秀で、しっかりとフードが顔周りでキープされています。 また、良くあるカンガルーポケットではなく、目立ちにくいサイドスリットポケットなのでデザインが省略されていてシンプルな作りです。

袖も裾もリブ幅が結構長めで、これはヴィンテージのスウェットを元にアップデートしたようです。シルエットも以前より緩くなっており、僅かな修正ですがトレンドを反映しています。糸が太めなので肉厚でしっかりとした素材感です。 

ちなみに170cm56キロの僕が着てみると、サイズ感はこんな感じです。

Sサイズ着用
XLサイズ

 

ユニクロのメンズのスウェットプルパーカーを、SサイズとXLサイズでコーディネートしてみた

ではどのように着こなしていくのかを解説していきましょう。

スタイルを良く見せる方法として「I,Y,Aライン」というコーディネートの基本シルエットがあり、その3つのシルエットに当てはめることがポイントです。 

 

Iラインシルエット

まずは小さいサイズを着こなすポイント。小さいサイズは「Iライン」か「Aライン」を作りましょう。

Iラインシルエットとは上下共にボリュームの小さいシルエットで、Aラインシルエットは上半身のボリュームが小さく、下半身のボリュームが大きいシルエットになります。 

まずはI,Y,Aラインどこにも属していないシルエットを見てみましょう。 

こんな感じ。僕は元々足が長くないのでスタイルが悪く見えますよね。 

こちらがIラインシルエット。Sサイズのパーカとスキニーパンツで合わせてみました。どうでしょうか?先ほどよりスタイルがマシに見えないですか?

よりスタイルを良く見せるポイントとして袖まくりも重要です。

袖が短く細いほど上半身のスッキリ感が強調されます。 

 

Aラインシルエット

次にAラインシルエット。小さいトップスと太いパンツでメリハリのあるシルエットを作りました。

AラインシルエットはI,Y,Aラインシルエットの中でも難しく、冬は特に使うタイミングもあまりないため覚えるのは後回しで構いません。 

 

Yラインシルエット

次に大きめのサイズを着こなすポイント。

こちらはYラインシルエットを作りましょう。

Yラインシルエットは大きめのトップスに細身のパンツで「Aライン」とは正反対のメリハリがあります。

着こなすには足が細く見える黒スキニーパンツがオススメです。トップスが大きいので体型隠しにもぴったり。トップスが大きければ太っていても痩せていても関係ありませんからね。

体型も関係なく誰でもサマになりやすい着こなしです。 

よりおしゃれに見えるポイントとして、黒スキニーにはシンプルな黒シューズを合わせてみましょう。足と靴の境界線がなくなり足がすらっと細く見えメリハリが強調されて足が長く見えます。

【+3cm】黒のスキニーパンツと黒の靴を合わせて足を長く見せよう!!ユニクロとコンバースがあれば出来る!!

アウターを羽織る必要があり、上半身のボリュームが大きくなりがちな秋冬は、現在のビッグシルエットトレンドも合わさってYラインシルエットが最も重要なシルエットです。

まずはYラインシルエットだけで良いので覚えてみることをオススメします。 

ということで基本の3シルエットの紹介は以上です。どうでしょうか?SサイズでもXLサイズでも違和感なく着こなせているかと思います。

「もうオジさんだからビッグサイズなんて無理だよ」なんて声も聞こえてきそうですが、無理にビッグサイズのものを着る必要はありません。

 ジャストサイズでなんの問題もありませんし、チャレンジしたい気持ちがあるなら普段より1サイズだけUPしてリラックス感を楽しむのも良いでしょう。

ユニクロだってトレンドの影響を受けて毎年毎年シルエットを変えているものです。 

 

ユニクロのスウェットプルパーカよりもレディースのスウェットオーバーサイズプルパーカーがオススメ?

さて、ユニクロのメンズの「スウェットプルパーカ」は、いろんな人が絶賛していて、僕もいいと思っているすごく良い商品だと思うのですが、それを超えるパーカーを見つけてきたので、ユニクロの他のパーカーと比較検証しながら紹介していきたいと思います。

すぐにその良かったパーカーは、ユニクロのレディースの「スウェットオーバーサイズプルパーカ」になります。

今回ご紹介する中でも、いろんなパーカーが出てくると思うので、どのパーカーを買うか悩んでいるという人はぜひ、参考にしてみてください。

ユニクロのメンズの「スウェットプルパーカ」の特徴

フードの立ち具合

ということで、こちら今着ているのがユニクロのメンズの「スウェットプルパーカ」です。XLサイズを着用しています。僕は170cm56kgです。

まずはこのパーカーを簡単に紹介したいと思います。
パーカーで見るべきポイントのひとつは、フードの立ち具合です。
今このパーカー、あえてフードを寝かせているのですが、持ち上げた時にしっかりと顔の周りでキープしてくれるかどうか、それが重要です。

このように顔周りでフードがキープしてくれると、顔とフードの対比で顔が小さく見えてスタイルが若干よく見えます。

スタイルを良く見せるということは、ファッションにおいて結構重要なことです。
特に身長が高い低いよりも、顔が小さいかどうか、小顔に見えるかどうか、等身がいいかどうかが一番重要です。

等身をよく見せるためには、脚をちょっと長く見せるとか、身長を高く見せるよりも、顔を小さく見せると、簡単に良くなります。

実際に、コレクションに出ているモデルさんとお会いしたこともあるのですが、驚くところは身長の高さではなく、顔の小ささなのです。

と言うことで、顔を小さく見せることはメンズであっても重要なことで、顔を小さく見せるにはパーカーでフードが立っていると、顔がとても小さく見えます。

それでは、例えばフードが立ってない状態とはどういうことなのか、他のパーカーを着て実践してみたいと思います。

どうでしょうか。こちらのパーカー、個人的には全然気に入っているのですが、フードが立つか立たないかで言うと、全然立っていないかと思います。

全身が写ってないので若干わかりにくいかもしれないですが、先ほどと結構印象が違うかと思います。

では先ほどのユニクロのメンズの「スウェットプルパーカ」に戻りたいと思います。
こんな感じで、フードが顔周りでキープしてくれています。
ということで、パーカーを選ぶ際のひとつ目のポイント、フードの立ち具合がこれでわかったかと思います。

デザイン

https://www.uniqlo.com/jp/store/goods/419501

次にデザインの違いを見ていきましょう。
メンズの「スウェットプルパーカーパーカ」はとてもシンプルなデザインです。最大のポイントはカンガルーポケットがないこと。

カンガルーポケットとは胸元にあるポケットのことを言います。
「スウェットプルパーカ」のポケットはサイドにあって、カンガルーポケットと比較すると目立たないようになっているのがわかるかと思います。

このように、ポケットのデザインを省略してシンプルに作られています。

パーカーにおける他のデザインといえば、ジップのあるなしが大きいです。
今着用している「プルパーカー」というのはかぶるタイプなので、ジップがないのですが、ジップがあるタイプのパーカーも多くあります。

https://www.uniqlo.com/jp/store/goods/425078

こちらはユニクロの「オーバーサイズアノラックパーカ」なのですが、ハーフジップになっています。

https://www.uniqlo.com/jp/store/goods/420666

こちらはユニクロの「ブロックテックパーカ」なのですが、ジップはジップなのですが止水テープが貼ってあって、こちらはまた違った雰囲気の印象があります。

このように、ポケットがあるかないかだけでも大きな印象の違いがありますし、ジップの中でも色々なジップがあるので、それだけで印象の差は大きく変わるものです。

また、ドローコード部分でも結構印象は変わるのですが、このあたりは最後に解説したいと思います。

あとは細かいポイントなのですが、袖と裾のリブの長さでも若干ですが印象は変わってきます。

ちなみにメンズの「スウェットプルパーカ」のリブはかなり長めに設計されています。リブの長さひとつとっても結構違いがあります。

このように、デザインひとつとっても色々なものがあるのですが、どのデザインが優れているとか、このデザインを選んだ方がいい、というわけではなくて、ご自身の着こなしや好みによって選ぶデザインは変わってくるので、そこも注目してください。

素材

次に素材を見ていきましょう。
まずメンズの「スウェットプルパーカ」はスウェット素材なのですが、糸が太めで肉厚で、しっかりとした素材感です。

同じパーカーであっても、他にもいろいろな素材があります。
どんな素材があるかと言うと、例えば「スウェットフルジップパーカ」だと杢調の素材になっていたり、ツルっとした素材で薄くて軽い「ポケッタブルUVカットパーカ」の持ち運びできるような素材だったり、「オーバーサイズアノラックパーカ」のシャカシャカしたナイロン地だったり、「ブロックテックパーカ」の高機能素材だったり、色々あります。

このように、厚みのある素材、かつツルっとしたドレスライクな素材のパーカーってないのかなというと、実はそういうパターンもあります。

例えばこんな感じの素材です。写真で伝わるかちょっとわからないのですが、ツヤ感がかなり強烈にあるのに肉感もあって、厚みのあるしっかりとした素材のパーカーです。

どうでしょうか。パーカーの素材ひとつとっても、いろいろな素材があるのがわかったかと思います。

素材もデザインと同じで、「これが絶対に良い素材だ」というものはないのですが、いろいろな素材があるということを知った上でパーカーを探すと、ご自身に合ったパーカーが見つかります。

https://www.uniqlo.com/jp/store/goods/419501

ということで、このパーカーはどうなのかを一旦おさらいしたいと思います。
まずフードが立って、デザインはとてもシンプルで合わせやすく、肉厚でがっしりとした素材感なので、体型が出にくいです。

このパーカーが2990円で買えるということは、正直言って相当すごいことです。

今までいろんなパーカーを買ってきて、これに加えていろいろなブランドのパーカーも買ってきて、さらにパーカーを作った経験もあるのですが、そこも踏まえて正直なところ、2990円で作られるのは本当にすごいです。

ですが、個人的にこれを超えると思える、それほどのパーカーを見つけたので、そちらを紹介したいと思います。

ユニクロのレディースの「スウェットオーバーサイズプルパーカ」の特徴

フードの立ち具合

https://www.uniqlo.com/jp/store/goods/422706

そのパーカーはユニクロのレディースの、「スウェットオーバーサイズプルパーカ」です。

こちらも先ほどのパーカーと同様 XL サイズを着用しています。こちらのパーカーは何が優れているかと言うと、まずフードの立ち上がり。
先ほど着用していたメンズの「スウェットプルパーカ」もかなりフードが立っていたかと思うのですが、こちらのレディースのパーカーも、フードがきれいに立ちます。

着用すると、きれいに顔周りでキープしてくれます。どうでしょうか。かなり立体感があるかと思います。

では何故これほどまでにフードが立つかと言うと、とても単純なことで、先ほどのパーカーに比べて生地全体がとても硬いです。明らかに生地の硬さが違います。

メンズの「スウェットプルパーカ」も十分しっかりとした素材なのですが、レディースのパーカーは結構驚くほど硬くて、生地がしっかりとしています。

このようながっしりとした素材感は、ハイブランドのパーカーで多く見かけるのですが、ファストファッションなどの安価なパーカーだとかなり珍しいです。

デザイン

https://www.uniqlo.com/jp/store/goods/422706

次にデザインを見てみましょう。
デザインはカンガルーポケットで、太めの紐で、パーカー本来の基本に忠実な作りになっています。

では先ほどのメンズの「スウェットプルパーカ」のデザインはどうなっているのか、もう一度見てみましょう。

こんな感じです。先ほどもお伝えしましたが、とてもシンプルで大人っぽい作りになっています。

このようにシンプルなデザインだと、コーディネートで合わせやすくてとてもいいのですが、レディースの方のパーカーのように、パーカー本来のデザインの方が個人的には好みです。

シルエット

次にシルエットを見ていきましょう。
こちらのパーカーはレディースの商品ではありますが、オーバーサイズのパーカーなので、メンズが着てもこれぐらいのサイズ感です。170cm56kgでXLサイズを着用しているのですが、メンズのXLサイズとほとんど変わらないサイズ感です。

身幅がかなり太くて、着丈もちょっと長め。そして袖がかなり太いのですが、テーパードが強烈にかかっています。

テーパードとは先端にいくにつれて細くなっていくシルエットのことです。トップスは手首の部分がきっちりと締められていると、オーバーサイズであっても着せられているような感じにはなりません。

なぜなら「3首」と呼ばれる、首、手首、足首、この部分に人の視線は集中するもので、ここだけでトップス全体の印象を大きく左右するからです。

だからこのようにオーバーサイズのパーカーでも着せられているようには見えません。

袖をまくったり、フードをきれいに立たせたり、ちょっとしたことなのですが、おしゃれな人が意外とやっているポイントです。

改めて、先ほどのメンズの「スウェットプルパーカ」のシルエットを確認してみたいと思います。

着用したらこんな感じです。こちらも同じXLサイズを着用しています。

袖に注目してみてください。こちらもテーパードはしているのですが、先ほどのパーカーと比べるとテーパード具合が弱く、手首で止まってないことがわかるかと思います。サイズ感自体にそれほど大きな差はないのですが、袖丈だけで若干印象が違うのがわかるかと思います。

こんな感じで、フードの立ち具合やデザイン、シルエット、素材にかなり違いがあったかと思います。どちらもかなりクオリティの高い商品なので、どちらが優れているとか、どちらを買ったほうが絶対にいいなんていう話ではないのですが、個人的にはレディースのパーカーの方が好きです。

なので、メンズの「スウェットプルパーカ」だけではなく、レディースの「スウェットオーバーサイズプルパーカ」も購入の際は検討してみるのもおすすめです。

レディースをメンズが着用して大丈夫なの? と思う人もいるかもしれませんが、実際どっちがレディースでどっちがメンズかなんて、正直わからないと思います。

このあたりは「【2020春】メンズも着れるユニクロのオススメレディースアイテムTOP3!」でも詳しく説明しているので、そちらもあわせて読んでいただけるとうれしいです。

【男女別】ユニクロのスウェットプルパーカーを使ったコーディネートを紹介!

メンズのパーカーのコーディネート

次にこちらのメンズのパーカーとレディースのパーカー、それぞれでコーディネートを組んでみたので、そちらを紹介します。

メンズのパーカーのコーディネートはこんな感じです。先ほど紹介した「Yライン」のコーデです。

とてもシンプルで合わせやすいパーカーなので、そのままとてもシンプルなコーディネートを作ってみました。

黒の細身のスキニーパンツに黒のブーツを合わせた、スタイルがきれいに見えるコーディネート。

オーバーサイズのパーカーなので、Yラインシルエットを意識して作りました。

Yラインシルエットとは,体型をきれいに見せるシルエットのひとつで、上半身のボリュームが大きく、下半身のボリュームが小さいシルエットのことです。

どうでしょうか。とてもシンプルなコーディネートなので、物足りないと思う人もいるでしょうし、これぐらいがちょうどいいという人もいるでしょう。

レディースのパーカーのコーディネート

次に、レディースのパーカーのコーディネートを見てみましょう。
インナーにストライプシャツ、パンツはワイドパンツ、靴はオフホワイトのものをチョイスしました。

オーバーサイズのパーカーのコーディネートなので、インナーはシャツにして引き締めつつ、無地一辺倒のコーディネートに装飾性を加えたかったので、ストライプを選びました。

柄が苦手な人は見える面積を調節してあげると採り入れやすいのでおすすめです。

あとはコーディネートの色数が増えすぎないように、パンツとシャツの色を合わせたり、パーカーとシューズの色を合わせたりして調節しています。

先ほどのパーカーのコーディネートと比べると、若干装飾性があり、地味ではなくなったかなと思います。

あとはこんな感じで、パーカーをコートのインナーに使うのもおすすめです。

パーカーの印象を変えるコツやワンポイントアドバイス

最後に、簡単にパーカーの印象を変えるコツをお伝えしたいと思います。

こちらメンズのスウェットプルパーカなのですが、こちらのパーカーはとてもシンプルなパーカーとお伝えしたかと思います。

まず一つは紐を抜くこと。

街中を歩いてパーカを着ている人を良く観察すると紐を抜いて着用している人がチラホラいることに気づくはずです。

誰でも良くやる小技ですが、紐を抜くとデザインが省略されるためよりシンプルな見た目になります。

シンプルなファッションが好きな人にオススメです。 

もう一つはスカーフ。

抵抗がある人のほうが多いかと思いますが、装飾性のトレンドが一気に加速している2019-20年ならシンプルなパーカは味気ないという人もいるでしょう。その場合はスカーフを巻くのがオススメ。

パーカの中に隠してしまえばスカーフが見える面積も減るため抵抗も少なくなります。

とは言え普通の無難なファッションを目指す人には必要ないので、「へぇーそんなやり方もあるんだ」ぐらいに思っていてください。 

僕もサイズ選びに失敗したなーということが多々ありましたが、この着こなしを知ってから失敗を感じることがなくなりました。洋服に対しての苦手意識や難しさを感じることが減ればファッションが今までよりも楽しくなるはずです。

着こなしのポイントさえ抑えれば必ずしもジャストサイズでなくてもおしゃれに着こなすことはできるのでぜひ試してみてください。

またユニクロの他のパーカについてさらに詳しく知りたい方は「【レビュー】UNIQLOのパーカ全部買って比較してみた!スウェットプル、ドライストレッチ、ブロックテック、ボアスウェットまで完全網羅!」もチェックしてみてください!

ユニクロのアイテム選び方
オススメアイテム 【2019-20秋冬】ユニクロで買える超個人的オススメアイテムランキングTOP5!!
買ってはいけない 【5選】ユニクロで買ってはいけないアイテム特集!20万円分購入して分かった!【2019-20秋冬】
ユニクロのトップスアイテムを見る
シャツ 白シャツ Tシャツ
リネンシャツ ニット ドライクールネックセーター
エクストラファインメリノセーター タートルネック フリース
ジャケット ダウンジャケット 感動ジャケット
デニムジャケット メンズパーカ マウンテンパーカ
スウェットプルパーカ ダウンパーカ チェスターコート
ユニクロのボトムスアイテムを見る
メンズパンツ ジーンズ スキニー
ハーフパンツ リラックスフィットアンクルパンツ EZYアンクルパンツ
ステテコ
その他のユニクロ関連の記事を読む
ヒートテック リュック ネクタイ
JWアンダーソン

この記事を監修した人

プロフィール

株式会社RePLAY代表取締役。ブランドやセレクトショップ、古着、ウェブメディアなどアパレルに関する多彩な事業を運営。YouTube「まとめチャンネル」やブログ、Twitterでは、おしゃれ初心者にもわかりやすいファッション情報を配信中!